Top >  きもの・帯 あ行 >  後染(あとぞめ)

後染(あとぞめ)

後染め
後染(あとぞめ)とは、織り上がった白生地に後から染めることをいいます。

縮緬(ちりめん)や紋綸子(もんりんず)、羽二重(はぶたえ)、絽(ろ)などの白生地に小紋染めや友禅染、中形(ちゅうがた)、紅型(びんがた)、ろうけつ染などが染められます。

また、糸を染色してから織って布にするもののことは、先染(さきぞめ)と言います。


>>>着物ワンポイント
後染めの着物は、感触がしなやかなことから通称「やわらかい着物」「染めの着物」などともよばれます。
また、後染めのの着物は先染めの着物より格が上になり着用する場面が多くあります。平たく言えば、後染めの着物は「染めの着物」、先染めの着物は「織の着物」ということです。織の着物で良く知られているのは、大島があります。

後染めの訪問着:画像

         

きもの・帯 あ行

着物や帯についてのあ行

関連エントリー

漆箔(うるしはく) 漆糸(うるしいと) ウール御召(うーるおめし) 裏箔(うらはく) 裏褄模様(うらづまもよう) 裏地(うらじ) 裏衿(うらえり) 裏打ち仕立て(うらうちじたて) 裏打ち(うらうち) 梅染(うめぞめ) 馬乗り(うまのり) 産着(うぶぎ) 畝織(うねおり) 写糊(うつしのり) 写染(うつしぞめ) 打込み(うちこみ) 袿袴(うちぎばかま)(けいこ) 袿(うちぎ) 打掛(うちかけ) 鶉縮緬(うずらちりめん) 薄物仕立て(うすものじたて) 薄物(うすもの) 薄衣(うすぎぬ) 薄御召(うすおめし) 糸目(いとめ) アンサンブル(あんさんぶる) 厚板(あついた) 灰汁抜き(あくぬき) 灰汁洗い(あくあらい) 藍蝋(あいろう) 藍浴衣(あいゆかた) 合着(あいぎ) 浮織物(うきおりもの) 上田紬(うえだつむぎ) 印度更紗(いんどさらさ) 印伝(いんでん) インディゴ 印金(いんきん) 印金(いんきん) インカ模様(いんかもよう) 印華布(いんかふ) 岩田帯(いわたおび) 祝い袴(いわいばかま) 祝い着(いわいぎ) 祝い帯(いわいおび) 色紋付(いろもんつき) 色目(いろめ) 色無地(いろむじ) 色見本(いろみほん) 色振袖(いろふりそで) 色糊(いろのり) 色抜き(いろぬき) 色直し(いろなおし) 色留袖(いろとめそで) 色足袋(いろたび) 色大島(いろおおしま) 色衿(いろえり) 色合わせ(いろあわせ) 色揚げ(いろあげ) 入替模様(いれかわりもよう) 伊予絣(いよかすり) 伊那紬(いなつむぎ) 糸目友禅(いとめゆうぜん) 糸目糊(いとめのり) 糸錦(いとにしき) 糸印(いとじるし) 五つ紋(いつつもん) 一珍染(いっちんぞめ) 一色染(いっしょくぞめ) 市松模様(いちまつもよう) 板場(いたば) 板締(いたじめ) 伊勢型紙(いせかたがみ) 衣裳雛形(いしょうひながた) 意匠白生地(いしょうしろきじ) 石畳織(いしだたみおり) 石底地(いしぞこじ) 石摺り(いしずり) 石下紬(いしげつむぎ) 居敷当て(いしきあて) 居坐機(いざりばた) 衣桁(いこう) 井桁絣(いげたがすり) 生洗い(いきあらい) 飯田紬(いいだつむぎ) 行灯袴(あんどんばかま) 袷羽織(あわせばおり) 袷帯(あわせおび) 袷(あわせ) 阿波しじら(あわしじら) 有松絞り(ありまつしぼり) 有栖川錦(ありすがわにしき) 霰絣(あられがすり) アラベスク 嵐絞り(あらししぼり) 麻(あさ) 曙染(あけぼのぞめ) 曙縞(あけぼのじま) 揚げ帽子(あげぼうし) 灰汁(あく) 秋田八丈(あきたはちじょう) 茜染(あかねぞめ) 茜(あかね) 明石(あかし)・明石縮(あかしちぢみ) 青花紙(あおばながみ) 洗い張り(あらいはり) 洗い染(あらいぞめ) 洗い朱(あらいしゅ) 綾錦(あやにしき) 雨絣(あめがすり) 雨ゴート(あまゴート) 亜麻糸(あまいと) 当て布(あてぬの) 厚綿(あつわた) アップリケ 汗除け(あせよけ) アセテート 畦織(あぜおり) 東・吾妻コート(あずまこーと) 東衿長襦袢(あずまえりながじゅばん) 網代模様(あじろもよう) 麻の葉模様(あさのはもよう) 浅葱・浅黄木綿(あさぎもめん) 麻織物(あさおりもの) 麻裏草履(あさうらぞうり) 麻糸(あさいと) 青縞(あおじま) 揚げ(あげ) 秋草文様(あきくさもよう) 藍微塵(あいみじん) 藍花(あいばな) 合褄(あいづま) 藍玉(あいだま) 藍染(あいぞめ) 藍摺り(あいずり) 合標(あいじるし) 藍下(あいした) 藍更紗(あいざらさ) 間着(あいぎ) 藍瓶(あいがめ) 藍型(あいがた) 藍(あい) 綾絹(あやぎぬ) 綾織(あやおり) 後染(あとぞめ)