着物が着たくなったら、着物用語集


日本の民族衣装である着物。
近年の洋装化で着物を着る機会が少なくなっているといいます。しかし、お正月をはじめとして、結婚式や成人式、七五三、入学式や卒業式、また夏の浴衣など、季節の行事やイベントなどで着物を着るきっかけはたくさんあります。そんな時、着物や帯について疑問に思うこと、また聞けないこと、「着物が着たくなったら、着物用語集」でお調べください。

« 2007年1月 | Top2007年3月 »

新着情報【2007年2月】

掻巻(かいまき)とは、広袖の”どてら”より大きく、綿の入った夜具の一つ。 綿が入...

掻取(かいどり)とは、江戸時代に武家の女性の正装のことで打掛けともいわれます。掻...

懐紙とは、着物の懐(ふところ)に入れておく紙のことをいいます。現代でいうなら、テ...

甲斐絹(かいき)とは、絹織物の一つです。布面がなめらかで絹練り糸による平織りで、...