Top >  きもの・帯 か行 >  甲斐絹(かいき)

甲斐絹(かいき)

甲斐絹甲斐絹(かいき)とは、絹織物の一つです。布面がなめらかで絹練り糸による平織りで、羽二重(はぶたえ)より、ハリと光沢があります。


1596年から1615年の慶長年間以前に伝わった舶来織物で、当時帯や袋物の生地として用いられました。その後甲斐とよばれる山梨県の郡内地方で、舶来絹織物そっくりな織物を織り、「郡内甲斐絹」とよばれたことから、甲斐絹という表現がはじまったとされています。

甲斐絹の特徴:
絹練り糸、ぬれた経糸を強く張る、「ぬれ巻き」の技法を用いた平織物。
滑らかな布面、光沢、摩擦で絹鳴りが生じる。


甲斐絹の用途:
(昔)羽裏(はうら=羽織の裏地)やコート裏をはじめとして和服の裏地として用いられた。
(現代)夜具地(やぐじ)や座布団地など、郡内縞甲斐絹(ぐんないしまかいきぬ)がごくわずか残るのみで高級品となっている。
※夜具地(画像)とは布団地のこと。

         

きもの・帯 か行

着物や帯についてのか行

関連エントリー

衣(きぬ) 絹(きぬ) 着流し(きながし) 着付け(きつけ) 几帳(きちょう) 着丈(きたけ) 被(きせ) 着尺(きじゃく) 生地(きじ) 生絹(きぎぬ) 幾何模様(きかもよう) 機械捺染(きかいなっせん) 生糸(きいと) 顔料(がんりょう) 寛文模様(かんぶんもよう) 関東仕立て(かんとうじたて) 間道(かんどう) 関西仕立て(かんさいじたて) 河内木綿(かわちもめん) からみ織(からみおり) 柄付け(がらつけ) からげ帯(からげおび) 唐組(からくみ) 唐織(からおり) 家紋(かもん) 鴨川染(かもがわぞめ) 裃小紋(かみしもこもん) 紙子(かみこ) 甲比丹織り(カピタンおり) 鹿子絞り(かのこしぼり) 金巾(かなきん) 被衣(かつぎ) 鰹縞(かつおじま) 片寄模様(かたよせもよう) 型友禅(かたゆうぜん) 肩山(かたやま) 型見本(かたみほん) 片身替り(かたみがわり) 型染(かたぞめ) 肩滑り(かたすべり) 肩裾模様(かたすそもよう) 片皺縮緬(かたしぼちりめん) 型小紋(かたこもん) 片側帯(かたがわおび) 型紙捺染(かたがみなっせん) 型紙(かたがみ) 型置き(かたおき) 型絵染(かたえぞめ) 肩当て(かたあて) 肩揚げ(かたあげ) 絣木綿(かすりもめん) 絣御召(かすりおめし) 絣足(かすりあし) 絣(かすり) カシミア 飾り仕付け(かざりじつけ) 襲色目(かさねのいろめ) 重ね衿(かさねえり) 傘絞り(かさしぼり) 囲文様(かこみもよう) 加工着尺(かこうきじゃく) 陰紋(かげもん) 掛下帯(かけしたおび) 掛下(かけした) 掛衿(かけえり) 額縁仕立て(がくぶちじたて) 角通し(かくとおし) 角袖(かくそで) 額裾(がくすそ) 額仕立て(がくじたて) 隠し仕付け(かくしじつけ) 角帯(かくおび) 額裏(がくうら) 描疋田(かきびった) 描更紗(かきさらさ) 描上友禅(かきあげゆうぜん) 加賀友禅(かがゆうぜん) 加賀紋(かがもん) 鏡仕立て(かがみじたて) 加賀染(かがそめ) 蚊絣(かがすり) 化学繊維(かがくせんい) 抱え帯(かかえおび) 掻巻(かいまき) 掻取(かいどり)・掻取姿 懐紙(かいし)・懐紙入れ 甲斐絹(かいき) 吉祥文様(きっしょうもよう・きっしょうもんよう)