Top >  きもの・帯 や行 >  矢絣(やがすり)

矢絣(やがすり)

矢絣(やがすり)矢絣とは、弓の矢羽の形を織り出した絣柄のことをいいます。経糸(たていと)を段に染め分け、その段を隣りと少しずつづらして山形になるように織られています。

明治時代には女学生が袴とあわせて矢絣の着物をよく用いていました。もともとは、先染めの絣柄で紬絣、木綿絣、御召(おめし)絣、銘仙(めいせん)絣など多くの種類もありますが、後染めの柄として小紋などにも用いられています。矢筈(やはず)絣、矢羽根(やばね)絣とも呼ばれています。

         

きもの・帯 や行

着物や帯についてのや行

関連エントリー

よろけ縞(よろけじま) 撚糸(よりいと) 読谷山花織(よみたんざんはなおり) 米沢紬(よねざわつむぎ) 米沢織物(よねざわおりもの) 四つ身(よつみ) 緯絽(よころ) 緯錦(よこにしき) 緯総絣(よこそうがすり) 緯畝織(よこうねおり) 緯糸絣(よこいとがすり) 緯糸(よこいと) 楊柳縮緬(ようりゅうちりめん) 陽紋(ようもん) 弓浜絣(ゆみはまがすり) 湯熨斗(ゆのし) 湯通し(ゆどおし) 油単(ゆたん) 輸出羽二重(ゆしゅつはぶたえ) 雪晒(ゆきざらし) 裄(ゆき) 浴衣帯(ゆかたおび) 浴衣(ゆかた) 有職模様(ゆうそくもよう) 有職織物(ゆうそくおりもの) 友禅模様(ゆうぜんもよう) 友禅縮緬(ゆうぜんちりめん) 友禅(ゆうぜん) 結城紬(ゆうきつむぎ) 山繭糸(やままゆいと) 柳絞り(やなぎしぼり) 八つ橋織(やつはしおり) 矢鱈縞(やたらじま) 野蚕(やさん) 矢絣(やがすり) 八重山上布(やえやまじょうふ)