Top >  きもの・帯 や行 >  山繭糸(やままゆいと)

山繭糸(やままゆいと)

山繭糸(やままゆいと)
山繭糸とは、野外でクヌギやナラなどの葉を食べて育った野蚕(やさん)の種類である天蚕(てんさん)がつくった山繭(やままゆ)から紡いだ糸のことをいいます。

山繭糸は野蚕糸(やさんし)のなかで最も質が良いと言われています。室内で飼育されている家蚕(かさん)のものに対して1つの繭(まゆ)から取れる糸の長さも少なく、優美な淡緑色の光沢のある山繭糸は、希少価値もあり、高価で絹のダイヤモンドとも呼ばれています。山繭紬(つむぎ)や山繭縮緬(ちりめん)などがあります。


(画像:山繭糸で織られた色無地着尺地)

         

きもの・帯 や行

着物や帯についてのや行

関連エントリー

よろけ縞(よろけじま) 撚糸(よりいと) 読谷山花織(よみたんざんはなおり) 米沢紬(よねざわつむぎ) 米沢織物(よねざわおりもの) 四つ身(よつみ) 緯絽(よころ) 緯錦(よこにしき) 緯総絣(よこそうがすり) 緯畝織(よこうねおり) 緯糸絣(よこいとがすり) 緯糸(よこいと) 楊柳縮緬(ようりゅうちりめん) 陽紋(ようもん) 弓浜絣(ゆみはまがすり) 湯熨斗(ゆのし) 湯通し(ゆどおし) 油単(ゆたん) 輸出羽二重(ゆしゅつはぶたえ) 雪晒(ゆきざらし) 裄(ゆき) 浴衣帯(ゆかたおび) 浴衣(ゆかた) 有職模様(ゆうそくもよう) 有職織物(ゆうそくおりもの) 友禅模様(ゆうぜんもよう) 友禅縮緬(ゆうぜんちりめん) 友禅(ゆうぜん) 結城紬(ゆうきつむぎ) 山繭糸(やままゆいと) 柳絞り(やなぎしぼり) 八つ橋織(やつはしおり) 矢鱈縞(やたらじま) 野蚕(やさん) 矢絣(やがすり) 八重山上布(やえやまじょうふ)