Top >  きもの・帯 や行 >  有職織物(ゆうそくおりもの)

有職織物(ゆうそくおりもの)

有職織物(ゆうそくおりもの)
有職織物(ゆうそくおりもの)とは、平安時代以降公家の装束や調度品などに用いられた有職文様を織り出した織物のことです。

有職は、もともと有識と書き博識のある人の意味でしたが、平安中期から宮廷での儀式や年中行事、官職、装束や調度に関する知識も意味するようになり、有職と書かれる用になりました。生絹(すずし)や綾、唐織(からおり)、浮織(うきおり)、羅(ら)、顕紋紗(けんもんしゃ)などがあります。


(画像:有職織物「唐織」袋帯)

         

きもの・帯 や行

着物や帯についてのや行

関連エントリー

よろけ縞(よろけじま) 撚糸(よりいと) 読谷山花織(よみたんざんはなおり) 米沢紬(よねざわつむぎ) 米沢織物(よねざわおりもの) 四つ身(よつみ) 緯絽(よころ) 緯錦(よこにしき) 緯総絣(よこそうがすり) 緯畝織(よこうねおり) 緯糸絣(よこいとがすり) 緯糸(よこいと) 楊柳縮緬(ようりゅうちりめん) 陽紋(ようもん) 弓浜絣(ゆみはまがすり) 湯熨斗(ゆのし) 湯通し(ゆどおし) 油単(ゆたん) 輸出羽二重(ゆしゅつはぶたえ) 雪晒(ゆきざらし) 裄(ゆき) 浴衣帯(ゆかたおび) 浴衣(ゆかた) 有職模様(ゆうそくもよう) 有職織物(ゆうそくおりもの) 友禅模様(ゆうぜんもよう) 友禅縮緬(ゆうぜんちりめん) 友禅(ゆうぜん) 結城紬(ゆうきつむぎ) 山繭糸(やままゆいと) 柳絞り(やなぎしぼり) 八つ橋織(やつはしおり) 矢鱈縞(やたらじま) 野蚕(やさん) 矢絣(やがすり) 八重山上布(やえやまじょうふ)