Top >  きもの・帯 や行 >  浴衣(ゆかた)

浴衣(ゆかた)

浴衣(ゆかた)
浴衣(ゆかた)とは、昔の身分の高い人達が入浴時に着ていた麻の単の湯帷子(ゆかたびら)が浴衣の始まりといわれその略称です。現在では、主に木綿型染の中形のことを言います。先染めの棒縞の木綿や有松絞りのものなどもあります。





(画像:鳴海絞りの浴衣)


         

きもの・帯 や行

着物や帯についてのや行

関連エントリー

よろけ縞(よろけじま) 撚糸(よりいと) 読谷山花織(よみたんざんはなおり) 米沢紬(よねざわつむぎ) 米沢織物(よねざわおりもの) 四つ身(よつみ) 緯絽(よころ) 緯錦(よこにしき) 緯総絣(よこそうがすり) 緯畝織(よこうねおり) 緯糸絣(よこいとがすり) 緯糸(よこいと) 楊柳縮緬(ようりゅうちりめん) 陽紋(ようもん) 弓浜絣(ゆみはまがすり) 湯熨斗(ゆのし) 湯通し(ゆどおし) 油単(ゆたん) 輸出羽二重(ゆしゅつはぶたえ) 雪晒(ゆきざらし) 裄(ゆき) 浴衣帯(ゆかたおび) 浴衣(ゆかた) 有職模様(ゆうそくもよう) 有職織物(ゆうそくおりもの) 友禅模様(ゆうぜんもよう) 友禅縮緬(ゆうぜんちりめん) 友禅(ゆうぜん) 結城紬(ゆうきつむぎ) 山繭糸(やままゆいと) 柳絞り(やなぎしぼり) 八つ橋織(やつはしおり) 矢鱈縞(やたらじま) 野蚕(やさん) 矢絣(やがすり) 八重山上布(やえやまじょうふ)