Top >  きもの・帯 ら行 >  ラシャ(らしゃ)

ラシャ(らしゃ)

ラシャ(らしゃ)
ラシャとは、ポルトガル語が語源で太目の紡毛糸で平織、綾織、繻子織(しゅすおり)、二重織などで織り上げた後に起毛した、厚地の紡毛織物のことです。室町時代末期に輸入されて陣羽織(じんばおり)や火事羽織に用いられ、その後も耐久性のある服地として軍服やコート、冬期の制服などに用いられました。


(繻子織の袋帯地:画像)

         

きもの・帯 ら行

着物や帯についてのら行

関連エントリー

絽目(ろめ) 絽綴(ろつづれ) 絽縮緬(ろちりめん) 絽刺し(ろざし) 六通(ろくつう) 蝋防染(ろうぼうせん) 蝋けつ染(ろうけつぞめ) 臈纈(ろうけち) 絽(ろ) 連続模様(れんぞくもよう) レーヨン(れーよん) 礼服(れいふく) 礼装(れいそう) 綸子(りんず) 両面染(りょうめんぞめ) 両面仕立(りょうめんじたて) 両面織(りょうめんおり) 両面帯(りょうめんおび) 流水模様(りゅうすいもよう) 琉球絣(りゅうきゅうがすり) 琉球藍(りゅうきゅうあい) ラミー(らみー) ラシャ(らしゃ) 羅(ら)