Top >  きもの・帯 ら行 >  ラミー(らみー)

ラミー(らみー)

ラミー(らみー)
ラミーとは、東南アジア産の苧麻(ちょま)の変種で、イラクサ科の多年草のことをいいます。

麻の原料となり、苧麻(ちょま)よりも茎も葉も大きく、機械紡績されて糸になります。天然繊維の中で最も強く、光沢があり、上布などに用いられます。ラミーというのはマレー語で現在では世界の通用語になっています。


(ラミーと木綿で織られた帯地:画像)

         

きもの・帯 ら行

着物や帯についてのら行

関連エントリー

絽目(ろめ) 絽綴(ろつづれ) 絽縮緬(ろちりめん) 絽刺し(ろざし) 六通(ろくつう) 蝋防染(ろうぼうせん) 蝋けつ染(ろうけつぞめ) 臈纈(ろうけち) 絽(ろ) 連続模様(れんぞくもよう) レーヨン(れーよん) 礼服(れいふく) 礼装(れいそう) 綸子(りんず) 両面染(りょうめんぞめ) 両面仕立(りょうめんじたて) 両面織(りょうめんおり) 両面帯(りょうめんおび) 流水模様(りゅうすいもよう) 琉球絣(りゅうきゅうがすり) 琉球藍(りゅうきゅうあい) ラミー(らみー) ラシャ(らしゃ) 羅(ら)