Top >  きもの・帯 ら行 >  琉球絣(りゅうきゅうがすり)

琉球絣(りゅうきゅうがすり)

琉球絣(りゅうきゅうがすり)
琉球絣(りゅうきゅうがすり)とは、もともとは沖縄県の絣織物の総称で、その頃の琉球は薩摩藩に属していた為、宮古島や八重山諸島の麻や久米島の紬、芭蕉布(ばしょうふ)なども琉球絣と呼ばれていました。

現在では、主に南風原(はえばる)地区を中心に生産されている絣織物のことを言います。沖縄の自然や生活用具を文様化した柄が特徴です。


(琉球絣の着尺地:画像)

         

きもの・帯 ら行

着物や帯についてのら行

関連エントリー

絽目(ろめ) 絽綴(ろつづれ) 絽縮緬(ろちりめん) 絽刺し(ろざし) 六通(ろくつう) 蝋防染(ろうぼうせん) 蝋けつ染(ろうけつぞめ) 臈纈(ろうけち) 絽(ろ) 連続模様(れんぞくもよう) レーヨン(れーよん) 礼服(れいふく) 礼装(れいそう) 綸子(りんず) 両面染(りょうめんぞめ) 両面仕立(りょうめんじたて) 両面織(りょうめんおり) 両面帯(りょうめんおび) 流水模様(りゅうすいもよう) 琉球絣(りゅうきゅうがすり) 琉球藍(りゅうきゅうあい) ラミー(らみー) ラシャ(らしゃ) 羅(ら)