Top >  きもの・帯 ら行 >  両面帯(りょうめんおび)

両面帯(りょうめんおび)

両面帯(りょうめんおび)
両面帯(りょうめんおび)とは、表と裏の両方の面を使うことができる帯のことです。縞や無地の博多帯地や綴(つづれ)帯地のものなどがあります。また、喪服用の帯で表と裏で夏用と冬用になっているものなどもあります。


(両面帯になっている、半幅帯:画像)
※半幅帯は、小紋や紬、ウールの着物などに用います。

         

きもの・帯 ら行

着物や帯についてのら行

関連エントリー

絽目(ろめ) 絽綴(ろつづれ) 絽縮緬(ろちりめん) 絽刺し(ろざし) 六通(ろくつう) 蝋防染(ろうぼうせん) 蝋けつ染(ろうけつぞめ) 臈纈(ろうけち) 絽(ろ) 連続模様(れんぞくもよう) レーヨン(れーよん) 礼服(れいふく) 礼装(れいそう) 綸子(りんず) 両面染(りょうめんぞめ) 両面仕立(りょうめんじたて) 両面織(りょうめんおり) 両面帯(りょうめんおび) 流水模様(りゅうすいもよう) 琉球絣(りゅうきゅうがすり) 琉球藍(りゅうきゅうあい) ラミー(らみー) ラシャ(らしゃ) 羅(ら)