Top >  きもの・帯 ら行 >  綸子(りんず)

綸子(りんず)

綸子(りんず)
綸子とは、染下生地として用いられ、繻子組織で布の表面に主に紗綾形の模様を表した紋織物の紋綸子のことをいいます。

地を経糸(たていと)で地紋を緯糸(よこいと)で織り出し、美しい光沢があり、振袖や訪問着などに用いられています。



(綸子地の振袖の着物:画像)

         

きもの・帯 ら行

着物や帯についてのら行

関連エントリー

絽目(ろめ) 絽綴(ろつづれ) 絽縮緬(ろちりめん) 絽刺し(ろざし) 六通(ろくつう) 蝋防染(ろうぼうせん) 蝋けつ染(ろうけつぞめ) 臈纈(ろうけち) 絽(ろ) 連続模様(れんぞくもよう) レーヨン(れーよん) 礼服(れいふく) 礼装(れいそう) 綸子(りんず) 両面染(りょうめんぞめ) 両面仕立(りょうめんじたて) 両面織(りょうめんおり) 両面帯(りょうめんおび) 流水模様(りゅうすいもよう) 琉球絣(りゅうきゅうがすり) 琉球藍(りゅうきゅうあい) ラミー(らみー) ラシャ(らしゃ) 羅(ら)