Top >  きもの・帯 ら行 >  臈纈(ろうけち)

臈纈(ろうけち)

臈纈(ろうけち)
臈纈(ろうけち)とは、現在のろうけつ染にあたる古代染色法の1つで、絞り染の纐纈(こうけち)、板締め絞りの夾纈(きょうけち)とともに天平の三纈(さんけち)と呼ばれています。布に溶かした蝋(ろう)で模様を書き、蝋(ろう)が固まった後、染色し蝋(ろう)を落とす技法です。正倉院宝物などに見られます。


(ロウケツ染めの着尺地:画像)

         

きもの・帯 ら行

着物や帯についてのら行

関連エントリー

絽目(ろめ) 絽綴(ろつづれ) 絽縮緬(ろちりめん) 絽刺し(ろざし) 六通(ろくつう) 蝋防染(ろうぼうせん) 蝋けつ染(ろうけつぞめ) 臈纈(ろうけち) 絽(ろ) 連続模様(れんぞくもよう) レーヨン(れーよん) 礼服(れいふく) 礼装(れいそう) 綸子(りんず) 両面染(りょうめんぞめ) 両面仕立(りょうめんじたて) 両面織(りょうめんおり) 両面帯(りょうめんおび) 流水模様(りゅうすいもよう) 琉球絣(りゅうきゅうがすり) 琉球藍(りゅうきゅうあい) ラミー(らみー) ラシャ(らしゃ) 羅(ら)