Top >  きもの・帯 ら行 >  絽刺し(ろざし)

絽刺し(ろざし)

絽刺し(ろざし)
絽刺し(ろざし)とは、日本刺繍の技法の1つで、絽の透けた部分の絽目を利用して模様を現す技法のことをいいます。

起源は中国にあり、日本では江戸時代に京都の公家の間で広まったといわれています。糸は特殊な絹の撚り糸の絽刺し糸を用いて、帯地、袋物、小物入などに用いられます。

(日本刺繍の袋帯:画像)

         

きもの・帯 ら行

着物や帯についてのら行

関連エントリー

絽目(ろめ) 絽綴(ろつづれ) 絽縮緬(ろちりめん) 絽刺し(ろざし) 六通(ろくつう) 蝋防染(ろうぼうせん) 蝋けつ染(ろうけつぞめ) 臈纈(ろうけち) 絽(ろ) 連続模様(れんぞくもよう) レーヨン(れーよん) 礼服(れいふく) 礼装(れいそう) 綸子(りんず) 両面染(りょうめんぞめ) 両面仕立(りょうめんじたて) 両面織(りょうめんおり) 両面帯(りょうめんおび) 流水模様(りゅうすいもよう) 琉球絣(りゅうきゅうがすり) 琉球藍(りゅうきゅうあい) ラミー(らみー) ラシャ(らしゃ) 羅(ら)