Top >  きもの・帯 ら行 >  羅(ら)

羅(ら)

羅(ら)羅(ら)とは、薄物(うすもの)や薄絹(うすぎぬ)ともよばれる絹織物のひとつです。

羅は有職織物の一つで、平安京への遷都以前にすでに織られていた歴史ある織物。

羅という言葉は、鳥網を意味しており、外観からもわかるように織物という表現より編物に近いざっくりとした風合いが特徴。

羅の用途:
夏帯
神官(しんかん)、神主の冠

         

きもの・帯 ら行

着物や帯についてのら行

関連エントリー

絽目(ろめ) 絽綴(ろつづれ) 絽縮緬(ろちりめん) 絽刺し(ろざし) 六通(ろくつう) 蝋防染(ろうぼうせん) 蝋けつ染(ろうけつぞめ) 臈纈(ろうけち) 絽(ろ) 連続模様(れんぞくもよう) レーヨン(れーよん) 礼服(れいふく) 礼装(れいそう) 綸子(りんず) 両面染(りょうめんぞめ) 両面仕立(りょうめんじたて) 両面織(りょうめんおり) 両面帯(りょうめんおび) 流水模様(りゅうすいもよう) 琉球絣(りゅうきゅうがすり) 琉球藍(りゅうきゅうあい) ラミー(らみー) ラシャ(らしゃ) 羅(ら)