Top >  きもの・帯 わ行 >  割付模様(わりつけもよう)

割付模様(わりつけもよう)

割付模様(わりつけもよう)
割付模様とは、一個の文様を規則的に繰り返して配置した文様の構成法のことで、縦や横に割る事の出来る模様です。

分かりやすく端正な図柄が特徴で雲取りや裂取りなどの中にもよく用いられ、錦織や絣織物、染物などに昔から使われています。

▼割付模様の種類・・・麻の葉、鱗、石畳、網目、立涌(たてわく)、七宝など

(画像:割付模様のひとつ、麻の葉模様の久留米絣着尺地)

         

きもの・帯 わ行

着物や帯についてのわ行

関連エントリー

割付模様(わりつけもよう) 綿帽子(わたぼうし) 綿入れ(わたいれ) 和染(わぞめ) 和装小物(わそうこもの) 和装コート(わそうこーと) 和更紗(わざらさ)