Top >  きもの・帯 た行 >  昼夜帯(ちゅうやおび)

昼夜帯(ちゅうやおび)

昼夜帯(ちゅうやおび)
昼夜帯(ちゅうやおび)とは、表と裏で異なる布地を合わせて仕立てた女物の帯のことをいいまあす。

もともとは、黒天鵞絨(ビロード)と白繻子(じゅす)を合わせた帯のことを言っていた為に、白と黒を昼と夜に例えられたことからの名称です。また、鯨帯や腹合わせ帯、片側帯、両面帯、裏付き帯とも呼ばれています。両面使える利点があり、第二次大戦前までは、女帯の主流でしたが、名古屋帯の流行にともない、現在では、趣味的な帯として用いられています。



(赤と黒の昼夜帯)

         

きもの・帯 た行

着物や帯についてのた行

関連エントリー

蜻蛉絣(とんぼがすり) 鳶(とんび) 緞子(どんす) 泥染(どろぞめ) 泥藍(どろあい) 豊田紬(とよだつむぎ) 共裾仕立て(ともずそじたて) 共布(ともぎれ) 共衿(ともえり) 留袖(とめそで) 鳶八丈(とびはちじょう) 飛び柄(とびがら) どてら 独鈷模様(とっこもよう) 通し柄(とおしがら) 通し裏(とおしうら) 十日町織物(とおかまちおりもの) 胴抜(どうぬき) 唐桟(とうざん) 道具彫(どうぐぼり) 東京小紋(とうきょうこもん) 胴裏(どううら) 天然繊維(てんねんせんい) 天竺木綿(てんじくもめん) 天蚕(てんさん) 手機(てばた) 手拭中形(てぬぐいちゅうがた) デニール 鉄砲袖(てっぽうそで) 手挿し(てざし) 手紬(てつむぎ) 手描友禅(てがきゆうぜん) 手描き染(てがきぞめ) 手織(ており) 紬(つむぎ) 褄(つま) 壺垂れ(つぼたれ) 壺装束(つぼしょうぞく) 角出し太鼓(つのだしだいこ) 角隠し(つのかくし) 綴織(つづれおり) 筒袖(つつそで) 筒描き(つつがき) 辻ヶ花(つじがはな) 付け比翼(つけびよく) 付け紐(つけひも) 付け下げ(つけさげ) 付け帯(つけおび) 対丈(ついたけ) 対(つい) 縮緬浴衣(ちりめんゆかた) 縮緬(ちりめん) 昼夜帯(ちゅうやおび) 中振袖(ちゅうぶりそで) 中羽織(ちゅばおり) 注染中形(ちゅうせんちゅうがた) 注染(ちゅうせん) 中形(ちゅうがた) ちゃんちゃんこ 茶屋辻(ちゃやつじ) 茶屋染(ちゃやぞめ) 茶羽織(ちゃばおり) 縮(ちぢみ) 乳下がり(ちさがり) 力布(ちからぬの) 乳(ち) 反物(たんもの) 丹前(たんぜん) 丹後縮緬(たんごちりめん) 垂れ(たれ) 袂(たもと) 玉虫織(たまむしおり) 玉糸(たまいと) 足袋(たび) 畳紙(たとうがみ) 立涌(たてわく) 竪絽(たてろ) 経緯絣(たてよこがすり) 経絣(たてがすり) 手綱絞り(たづなしぼり) 襷文(たすきもん) 誰が袖(たがそで) 大紋(だいもん) 大名縞(だいみょうじま) 伊達紋(だてもん) 伊達巻(だてまき) 竪褄・立て褄(たてづま) 伊達締め(だてじめ) 伊達衿(だてえり) 竪衿(たてえり) 抱幅(だきはば) 滝縞(たきじま) 宝尽くし(たからづくし)  太子間道(たいしかんとう)