Top >  きもの・帯 な行 >  抜き衣紋(ぬきえもん)

抜き衣紋(ぬきえもん)

抜き衣紋(ぬきえもん)
抜き衣紋(ぬきえもん)とは、女性が着物を着るときに首の後ろの襟足に当たる部分の衿を引き下げて着る着方のことをいいます。

江戸時代に結い上げた髪が後ろに張り出す形をしていた為、衿をずらして着たのが抜き衣紋の始まりだそうです。抜き衣紋にする為に女性用の着物を仕立てる時には、肩山から2~5cmの繰越(くりこし)を付けています。抜き衿、抜(ぬけ)くびとも呼ばれています。


         

きもの・帯 な行

着物や帯についてのな行

関連エントリー

糊防染(のりぼうせん) 糊伏せ(のりふせ) 糊染(のりぞめ) 糊置(のりおき) 能登上布(のとじょうふ) 能装束(のうしょうぞく) 濡れ描き友禅(ぬれがきゆうぜん) 縫い目模様(ぬいめもよう) 縫い箔(ぬいはく) 縫取縮緬(ぬいとりちりめん) 縫取御召(ぬいとりおめし) 女房装束(にょうぼうしょうぞく) 二重回し(にじゅうまわし) 捺染(なっせん) 覗紋(のぞきもん) 熨斗模様(のしもよう) 熨斗目模様(のしめもよう) 撚糸(ねんし) 練絹(ねりぎぬ) 練糸(ねりいと) 練り(ねり) 抜き紋(ぬきもん) 抜き衿(ぬきえり) 抜き衣紋(ぬきえもん) 緯糸(ぬきいと) 縫い紋(ぬいもん) 縫い取り(ぬいとり) 縫い付け紋(ぬいつけんもん) 縫い絞り(ぬいしぼり) 人形仕立て(にんぎょうじたて) 二枚重ね(にまいがさね) 日本刺繍(にほんししゅう) 二度染め(にどぞめ) 二重太鼓(にじゅうだいこ) 西陣(にしじん) 錦(にしき) 南部紬(なんぶつむぎ) 鳴海絞り(なるみしぼり) 並幅(なみはば) 斜子織(ななこおり) 夏羽織(なつばおり) 夏塩沢(なつしおざわ) 夏帯(なつおび) 夏大島(なつおおしま) 名護屋帯(なごやおび) 名古屋帯(なごやおび) 長浜縮緬(ながはまちりめん) 長羽織(ながばおり) 長襦袢(ながじゅばん) 流し染(ながしぞめ) 長着(ながぎ) 長井紬(ながいつむぎ) 長板中形(ながいたちゅうがた)