Top >  きもの・帯 は行 >  半衿(はんえり)

半衿(はんえり)

半衿(はんえり)
半衿(はんえり)とは、長襦袢や半襦袢の地衿に汚れ防止や装飾のためにかける掛け衿のことをいいます。

明治~大正時代の女性の着物の色柄が地味だった頃には、総絞りや友禅染、ビロード、羅紗(らしゃ)といった華やかなものが用いられていたようです。現在では、塩瀬羽二重(しおぜはぶたえ)、縮緬(ちりめん)、綸子(りんず)、化合繊(ごうせん)、夏物には、絽(ろ)、麻などが用いられます。礼装用には必ず白を用い、花嫁衣裳の半衿には金糸、銀糸で刺繍したものなどが用いられます。男物は、黒八丈(はちじょう)やねずみ色羽二重(はぶたえ)、礼装用に、白羽二重(はぶたえ)が用いられます。

(刺繍半衿)

         

きもの・帯 は行

着物や帯についてのは行

関連エントリー

脹雀(ふくらすずめ) 袱紗(ふくさ) 吹寄せ(ふきよせ) ふき 風通織(ふうつうおり) 風通御召(ふうつうおめし) 備後絣(びんごがすり) 紅型(びんがた) 広幅織物(ひろはばおりもの) 天鵞絨(ビロード) 広袖(ひろそで) 広瀬絣(ひろせがすり) 広衿(ひろえり) 平絽(ひらろ) 平組紐(ひらくみひも) 開名古屋仕立て(ひらきなごやじたて) 平織(ひらおり) 比翼紋(ひよくもん) 比翼仕立て(ひよくじたて) 比翼(ひよく) 屏風畳(びょうぶだたみ) 漂白(ひょうはく) 紐飾り(ひもかざり) 被布(ひふ) 緋の袴(ひのはかま) 日向紋(ひなたもん) 雛形本(ひながたぼん) 一目絞り(ひとめしぼり) 一つ紋(ひとつもん) 一つ身(ひとつみ) 一越縮緬(ひとこしちりめん) 一越(ひとこし) 単羽尺(ひとえはじゃく) 単袴(ひとえばかま) 単羽織(ひとえばおり) 単仕立て(ひとえじたて) 単帯(ひとえおび) 単・単衣(ひとえ) 疋田絞り(ひったしぼり) 疋田鹿子(ひったかのこ) 浸し染(ひたしぞめ) 引き彫り(ひきぼり) 引き染(ひきぞめ) 疋(ひき) 半幅帯(はんはばおび) 半纏(はんてん) 半襦袢(はんじゅばん) 半コート(はんこーと) 半衿(はんえり) パレス縮緬(ぱれすちりめん) 晴着(はれぎ) 張り付け紋(はりつけもん) 腹帯(はらおび) 腹合わせ帯(はらあわせおび) 浜縮緬(はまちりめん) 羽二重(はぶたえ) 花結び(はなむすび) 花見幕(はなみまく) 縹色(はなだいろ) 花色(はないろ) 把釣孔(はつりめ) 八寸名古屋帯(はっすんなごやおび) 法被(はっぴ) 八掛(はっかけ) 八丈(はちじょう) 撥衿(ばちえり) 肌襦袢(はだじゅばん) 芭蕉布(ばしょうふ) 羽尺(はじゃく) 筥迫(はこせこ) 刷毛目模様(はけめもよう) 白山紬(はくさんつむぎ) 箔押し(はくおし) 箔置き(はくおき) 袴地(はかまじ) 袴(はかま) 博多織(はかたおり) 博多帯(はかたおび) 羽織紐(はおりひも) 羽織(はおり) 羽裏(はうら) 貝絞り(ばいしぼり)