Top >  きもの・帯 ま行 >  モスリン

モスリン

モスリンモスリンとは、細めで太さのムラの少ない糸で経緯(たてよこ)の密度をほぼ等しく平織りに織った織物のことをいいます。

モスリンは、イラクのモスルという地から産出されたことから、その名がついたそうです。もともとは、梳毛(そもう)糸を用いていて唐縮緬(とうちりめん)やメリンスと呼ばれていましたが、綿糸や絹糸、レーヨン、ポリエステル混紡、ナイロン混紡、ビニロン混紡などいろいろな繊維の織り糸を用いて織られています。

モスリンは、着物の着尺や襦袢(じゅばん)、半纏(はんてん)、女児の帯などに用いられています。


(着付け用具で用いられる、モスリンの腰紐:画像)

         

きもの・帯 ま行

着物や帯についてのま行

関連エントリー

紋絽(もんろ) 紋綸子(もんりんず) 文様(もんよう) 紋服(もんぷく) 紋緞子(もんどんす) 紋所(もんどころ) 紋付羽織(もんつきばおり) 紋付(もんつき) 紋縮緬(もんちりめん) 紋帳(もんちょう) 紋紗(もんしゃ) 紋織(もんおり) 紋意匠縮緬(もんいしょうちりめん) 紋(もん) 模様付け(もようづけ) 揉み箔(もみはく) 紅絹(もみ) 喪服(もふく) モスリン 捩り織(もじりおり) 捩り(もじり) 杢目摺り(もくめずり) 杢目絞り(もくめしぼり) 杢目織(もくめおり) 木版染(もくはんぞめ) 真岡木綿(もうかもめん) 綿縮(めんちぢみ) 綿紅梅(めんこうばい) メリンス 目引き(めびき) 目付け(めづけ) 名物裂(めいぶつぎれ) 銘仙(めいせん) 無地染(むじぞめ) 村山大島(むらやまおおしま) 斑濃(むらご) 村雲絞り(むらくもしぼり) 無双仕立(むそうじたて) 無線友禅(むせんゆうぜん) 無地(むじ) 無垢(むく) 宮参り着(みやまいりぎ) 身八つ口(みやつくち) 宮古上布(みやこじょうふ) 都衿(みやこえり) 三布(みの) 三つ身(みつみ) 道行(みちゆき) 身丈(みたけ) 三筋(みすじ) 微塵縞(みじんしま) 三河木綿(みかわもめん) 三浦絞り(みうらしぼり) 万筋(まんすじ) 丸文(まるもん) 丸紐(まるひも) 襠無袴(まちなしばかま) 街着(まちぎ) 襠(まち) 巻見本(まきみほん) 撒糊(まきのり) 巻絞り(まきしぼり) 前身頃(まえみごろ) 前垂れ(まえだれ) 前下り(まえさがり) 前帯(まえおび)