Top >  きもの・帯 や行 >  四つ身(よつみ)

四つ身(よつみ)

四つ身(よつみ)四つ身(よつみ)とは、3歳~10歳くらいまでの子供の着物のことで、本裁ち、小裁ちに対して中裁ちと呼ばれる裁ち方のことをいいます。

この時期の子供は、育ち盛りなので寸法を大きく作り、肩揚げ、腰揚げで着丈や裄を調節します。

女児の外出着は長袖、日常着は元禄袖、男児は筒袖か船底袖に仕立てます。前身頃をつまみ縫いして衽(おくみ)をつくるので身丈の4倍分で身頃が作れることからこの名前があります。


(四つ身女児の着物<熨斗目模様>:画像)

         

きもの・帯 や行

着物や帯についてのや行

関連エントリー

よろけ縞(よろけじま) 撚糸(よりいと) 読谷山花織(よみたんざんはなおり) 米沢紬(よねざわつむぎ) 米沢織物(よねざわおりもの) 四つ身(よつみ) 緯絽(よころ) 緯錦(よこにしき) 緯総絣(よこそうがすり) 緯畝織(よこうねおり) 緯糸絣(よこいとがすり) 緯糸(よこいと) 楊柳縮緬(ようりゅうちりめん) 陽紋(ようもん) 弓浜絣(ゆみはまがすり) 湯熨斗(ゆのし) 湯通し(ゆどおし) 油単(ゆたん) 輸出羽二重(ゆしゅつはぶたえ) 雪晒(ゆきざらし) 裄(ゆき) 浴衣帯(ゆかたおび) 浴衣(ゆかた) 有職模様(ゆうそくもよう) 有職織物(ゆうそくおりもの) 友禅模様(ゆうぜんもよう) 友禅縮緬(ゆうぜんちりめん) 友禅(ゆうぜん) 結城紬(ゆうきつむぎ) 山繭糸(やままゆいと) 柳絞り(やなぎしぼり) 八つ橋織(やつはしおり) 矢鱈縞(やたらじま) 野蚕(やさん) 矢絣(やがすり) 八重山上布(やえやまじょうふ)