Top >  きもの・帯 や行 >  読谷山花織(よみたんざんはなおり)

読谷山花織(よみたんざんはなおり)

読谷山花織(よみたんざんはなおり)読谷山花織とは、沖縄中部の読谷山で織られる紋織の紬織物のことをいいます。

紺や白地に白や赤、黄、緑、紫、藍などで、点で表した幾何学模様の花を織り出し、絣柄も併用します。もともとは、木綿や麻で織られていましたが、現在では絹でも織られています。

銭花(ジンバナ)、扇花(オージバナ)、風車花(カジマヤーバナ)が基本の三模様です。


(読谷山花織の袋帯:画像)


         

きもの・帯 や行

着物や帯についてのや行

関連エントリー

よろけ縞(よろけじま) 撚糸(よりいと) 読谷山花織(よみたんざんはなおり) 米沢紬(よねざわつむぎ) 米沢織物(よねざわおりもの) 四つ身(よつみ) 緯絽(よころ) 緯錦(よこにしき) 緯総絣(よこそうがすり) 緯畝織(よこうねおり) 緯糸絣(よこいとがすり) 緯糸(よこいと) 楊柳縮緬(ようりゅうちりめん) 陽紋(ようもん) 弓浜絣(ゆみはまがすり) 湯熨斗(ゆのし) 湯通し(ゆどおし) 油単(ゆたん) 輸出羽二重(ゆしゅつはぶたえ) 雪晒(ゆきざらし) 裄(ゆき) 浴衣帯(ゆかたおび) 浴衣(ゆかた) 有職模様(ゆうそくもよう) 有職織物(ゆうそくおりもの) 友禅模様(ゆうぜんもよう) 友禅縮緬(ゆうぜんちりめん) 友禅(ゆうぜん) 結城紬(ゆうきつむぎ) 山繭糸(やままゆいと) 柳絞り(やなぎしぼり) 八つ橋織(やつはしおり) 矢鱈縞(やたらじま) 野蚕(やさん) 矢絣(やがすり) 八重山上布(やえやまじょうふ)