着物が着たくなったら、着物用語集


日本の民族衣装である着物。
近年の洋装化で着物を着る機会が少なくなっているといいます。しかし、お正月をはじめとして、結婚式や成人式、七五三、入学式や卒業式、また夏の浴衣など、季節の行事やイベントなどで着物を着るきっかけはたくさんあります。そんな時、着物や帯について疑問に思うこと、また聞けないこと、「着物が着たくなったら、着物用語集」でお調べください。

« 2008年2月 | Top2008年4月 »

新着情報【2008年3月】

脹雀(ふくらすずめ)とは、福良雀とも書かれ、女帯の結び方の1つです。若い女性が振...

袱紗(ふくさ)とは、茶の湯の点前(たてまえ)のときに茶器を拭いたり茶碗を受けたり...

吹寄せ(ふきよせ)とは、吹寄せ模様のことで、いろいろなものを寄せ集めた模様のこと...

ふきとは、袷(あわせ)の着物や綿入れなどの袖口と裾の縁で裏布が表布より出ている仕...

風通織(ふうつうおり)とは、経緯(たてよこ)二重織りで表と裏の組織を柄に合わせて...

風通御召(ふうつうおめし)とは、表と裏の組織を柄に合わせて入れ替えて、生地の柄が...

備後絣(びんごがすり)とは、広島県福山市芦品郡一帯で生産される紺地の木綿絣のこと...

紅型(びんがた)とは、沖縄県で生産される多彩で華麗な南国色豊かな染物のことをいい...

広幅織物(ひろはばおりもの)とは、布幅が45cm以上の織物のことをいいます。大幅...

天鵞絨(ビロード)とは、ポルトガル語が語源で、布の表面が毛羽・輪奈(わな)でおお...

広袖(ひろそで)とは、着物の袖の形の1つで、袖口の下を縫い合わせずに、袖丈いっぱ...

広瀬絣(ひろせがすり)とは、島根県広瀬町で生産されている紺木綿の絣織物のことをい...

蜻蛉絣(とんぼがすり)とは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)に絣糸(かすりいと...

鳶(とんび)とは、明治の初期に流行した男物の和装コートで、袖が無く膝丈くらいのコ...

緞子(どんす)とは、布面がやわらかくて光沢が美しく、重量感があるのが特徴で中国宋...

泥染(どろぞめ)とは、植物染料で染められた糸や布を鉄分の多い泥沼に浸して染めるこ...

泥藍(どろあい)とは、植物染料の一種で、この染料につけ込んで染色するとくすんだ青...

豊田紬(とよだつむぎ)とは、茨城県西部の石下町付近で生産されている、経糸(たてい...

共裾仕立て(ともずそじたて)とは、着物の仕立て方の1つで表地を裏側に折り返して、...

共布(ともぎれ)とは、色や柄、地質ともに同じ布のことをいいます。...

共衿(ともえり)とは、着物の衿まわりのいたみや汚れを防ぐ為に、表地と同じ布で地衿...

留袖(とめそで)とは、既婚女性の正式礼装で黒地に染抜き日向紋が五つ付き、裾模様の...

鳶八丈(とびはちじょう)とは、東京の八丈島で生産される八丈紬の一種で、八丈島に自...

紹巴(しょうは)とは、千利休の弟子である里村紹巴(しょうは)が所持していた名物裂...

上代御召(じょうだいおめし)とは、素材の糸が往復にしぼ糸を使っている両しぼで、縞...

装束(しょうぞく)とは、もともとは、儀式や行事の施設を整備することを指し、季節に...

正倉院文様(しょうそういんもんよう)とは、奈良の東大寺正倉院の宝物の中に多く見ら...

正絹(しょうけん)とは、人絹や絹との交織に対する語で、混じりけの無い絹糸、もしく...

背負揚げ(しょいあげ)とは、帯を結ぶ時に用いる小物の1つで、一般的には、帯揚げ(...

準礼装(じゅんれいそう)とは、正式礼装に準ずる服装のことをいいます。 準礼装の着...

襦袢友禅(じゅばんゆうぜん)とは、花模様や雲取り(くもどり)、紗綾形(さやがた)...

襦袢(じゅばん)とは、ポルトガル語が語源で着物の肌着や下着のことをいいます。 襦...

繻子(しゅす)とは、繻子織(しゅすおり)の略称で、平織、綾織とともに織物の三原組...

十二単(じゅうにひとえ)とは、平安、鎌倉時代にかけての宮中での女性の盛装で、女房...

十字絣(じゅうじがすり)とは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)に絣糸(かすりい...

十三参り(じゅうさんまいり)とは、京都で陰暦の3月13日、現在での4月13日に生...

ジャワ更紗(じゃわさらさ)とは、インドネシアのジャワ島を中心に生産されるろう防染...

洒落紋(しゃれもん)とは、紋の一種ですが家紋ではなく、和歌や名所、故事にちなんだ...

ジャカートとは、フランスのジョセフ・マリー・ジャカールが発明した紋織機(もんおり...

ジャガタラ縞(じま)とは、木綿の縞織物の一種です。ジャガタラはジャカルタの古い呼...

紗(しゃ)とは、緯糸(よこいと)を1本打ち込むごとに経糸(たていと)2本を交差さ...

地紋起こし(じもんおこし)とは、紋綸子(もんりんず)や紋意匠縮緬(もんいしょうち...

地紋(じもん)とは、地文とも書かれ、あらゆる生地の地文様のことをいいます。浮き織...

締切り(しめきり)とは、絣柄(かすりがら)の一種で、締切り絣(しめきりがすり)の...

汚点抜き(しみぬき)とは、衣服についたしみを丸洗いしておとすのではなく、しみの部...

縞御召(しまおめし)とは、縞柄の御召縮緬(おめしちりめん)のことをいいます。もと...

仕舞袴(しまいばかま)とは、能楽に用いられる襠(まち)のある袴(はかま)のことを...

顔料(がんりょう)とは、水や油などの溶媒に溶けない着色剤のことをいいます。染料と...

寛文模様(かんぶんもよう)とは、主に右肩の部分に重点を置き、余白をとって裾のほう...

関東仕立て(かんとうじたて)とは、長襦袢の仕立て方の1つで、衿肩まわりから裾まで...

漢島や漢東、広東とも書かれる、間道(かんどう)とは、経糸(たていと)を染め分けて...

関西仕立て(かんさいじたて)とは、長襦袢の仕立て方の1つで、別衿をつけて仕立てる...

河内木綿(かわちもめん)とは、大阪の河内地方で織られていた、厚地の白木綿のことを...

からみ織(からみおり)とは、織り目に隙間の出来る織り方のことをいいます。織機に簡...

柄付け(がらつけ)とは、染下生地に模様を染めつけることをいいます。...

からげ帯(からげおび)とは、江戸時代初期から使われ始めた帯で、着物を着るときにひ...

唐組(からくみ)とは、平組みで菱文を作り平面的にく組み上げていく、組紐の組み方の...

唐織(からおり)とは、もともとは中国から渡来した織物のことをいっていましたが、1...

家紋(かもん)とは、その家の由緒を示す印のことをいいます。平安時代に公家の間で混...

鴨川染(かもがわぞめ)とは、京染めとも呼ばれ、京都で生産される染物のことをいいま...

裃小紋(かみしもこもん)とは、江戸時代に武士の礼装である裃(かみしも)に用いられ...

紙子(かみこ)とは、和紙で作られた着物や羽織、頭巾などの衣類のことをいいます。丈...

甲比丹織り(カピタンおり)とは、外来織物でカピタンとはポルトガル語で船長という意...

鹿子絞り(かのこしぼり)とは、仔鹿の背の斑点のような模様が染め上がる絞り染めの技...

金巾(かなきん)とは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の密度をほぼ同じにして織...

被衣(かつぎ)とは、武家時代に身分のある婦人が外出時に頭からかぶった着物の形をし...

鰹縞(かつおじま)とは、鰹の体の色が背から腹にかけてだんだんと薄くなっていくよう...