Top >  きもの・帯 さ行 >  汚点抜き(しみぬき)

汚点抜き(しみぬき)

汚点抜き(しみぬき)とは、衣服についたしみを丸洗いしておとすのではなく、しみの部分だけをきれいに除き取ることをいいます。しみを抜いたあとは、しみ抜き剤が残らないように、水を含ませた綿や刷毛できれいに除きとることが必要です。また、しみは一般的に時間がたつほどとりにくくなっていくので、出来るだけ早くとることが大切です。また、原因不明やどうしてもとれないものや染色してあるもののしみは、専門家にお任せした方がいいです。

▼しみの種類別しみ抜き剤
 水溶性のしみ・・・・・・水、湯、洗剤液
 油性のしみ・・・・・・・・ベンジンなどの有機溶剤
 アルカリ性のしみ・・・うすい酸
 酸性のしみ・・・・・・・・アルカリ液
 泥・・・・・・・・・・・・・・・乾いてから手でもむ、ブラシでたたく、こする

 白地についたしみは漂白してもいいです。

         

きもの・帯 さ行

着物や帯についてのさ行

関連エントリー

摺込み染(すりこみぞめ) 墨流し(すみながし) 砂子(すなご) 裾よけ(すそよけ) 裾模様(すそもよう) 裾回し(すそまわし) 裾捌き(すそさばき) 裾濃(すそご) 裾合わせ(すそあわせ) 錫箔(すずはく) 筋(すじ) 杉綾織(すぎあやおり) 菅繍(すがぬい) 菅糸(すがいと) 蘇芳(すおう) 粋紗(すいしゃ) 図案(ずあん) 素袷(すあわせ) 新モス(しんもす) 甚兵衛(じんべえ) 陣羽織(じんばおり) 浸染(しんぜん) 信州紬(しんしゅうつむぎ) 伸子(しんし) 人絹(じんけん) 白無垢(しろむく) 白紬(しろつむぎ) 白生地(しろきじ) 白絣(しろがすり) 白上がり(しろあがり) 白子型(しろこがた) 印半纏(しるしばんてん) シルク・ウール 蜀江錦(しょっこうにしき) 植物染料(しょくぶつせんりょう) 植物繊維(しょくぶつせんい) 定紋(じょうもん) 上布(じょうふ) 紹巴(しょうは) 上代御召(じょうだいおめし) 装束(しょうぞく) 正倉院文様(しょうそういんもんよう) 正絹(しょうけん) 背負揚げ(しょいあげ) 準礼装(じゅんれいそう) 襦袢友禅(じゅばんゆうぜん) 襦袢(じゅばん) 繻子(しゅす) 十二単(じゅうにひとえ) 十字絣(じゅうじがすり) 十三参り(じゅうさんまいり) ジャワ更紗(じゃわさらさ) 洒落紋(しゃれもん) ジャカート ジャガタラ縞(じゃがたらじま) 紗(しゃ) 地紋起こし(じもんおこし) 地紋(じもん) 締切り(しめきり) 汚点抜き(しみぬき) 縞御召(しまおめし) 仕舞袴(しまいばかま) 縞(しま) 絞り浴衣(しぼりゆかた) 絞り染(しぼりぞめ) 皺(しぼ) 地風(じふう) 地機(じばた) 地伸し(じのし) 地無模様(じなしもよう) 十徳(じっとく) 躾・仕付け(しつけ) 悉皆(しっかい) 下前(したまえ) 下染(したぞめ) 下絵(したえ) 時代裂(じだいぎれ) 地染(じぞめ) 地白中形(じしろちゅうがた) しじら 刺繍(ししゅう) 紫根染(しこんぞめ) 扱(しごき) 四季模様(しきもよう) 式服(しきふく) 敷伸(しきのし) 色紙継ぎ(しきしつぎ) 地織(じおり) 塩瀬(しおぜ) 塩沢紬(しおざわつむぎ) 地色(じいろ) 桟留縞(さんとめじま) 三尺(さんじゃく) 三原色(さんげんしょく) 三纈(さんけち) サラセン模様(さらせんもよう) 晒木綿(さらしもめん) 更紗(さらさ) 真田紐(さなだひも) 薩摩上布(さつまじょうふ) 薩摩絣(さつまがすり) 定小紋(さだめこもん) 差し分け中形(さしわけちゅうがた) 指貫(さしぬき) 刺子半纏(さしこはんてん) 刺子(さしこ) 指子、指袴(さしこ) 下帯(さげおび) 座繰り糸(ざくりいと) 作州絣(さくしゅうかすり) 先染め(さきぞめ) 相良繍(さがらぬい) 紗綾形(さやがた) 鮫小紋(さめこもん) 佐賀錦(さがにしき)