Top >  きもの・帯 は行 >  ふき

ふき

ふきとは、袷(あわせ)の着物や綿入れなどの袖口と裾の縁で裏布が表布より出ている仕立て方をしている部分のことをいいます。表布の汚れやいたみを防ぐためでもありますが、表布との配色による調和美もあります。

ふきの分量は時代によって変化し、江戸時代には一寸以上の厚さのふきが用いられたと言われていますが、現在の袷長着(あわせながぎ)では、袖ふきは0,2cm弱、裾ふきは0,3cm前後です。また、花嫁衣裳の打ち掛けや舞台衣装のなかには、裾ふきが4cmのものもあります。

▼一寸・・・約3,8cm

         

きもの・帯 は行

着物や帯についてのは行

関連エントリー

脹雀(ふくらすずめ) 袱紗(ふくさ) 吹寄せ(ふきよせ) ふき 風通織(ふうつうおり) 風通御召(ふうつうおめし) 備後絣(びんごがすり) 紅型(びんがた) 広幅織物(ひろはばおりもの) 天鵞絨(ビロード) 広袖(ひろそで) 広瀬絣(ひろせがすり) 広衿(ひろえり) 平絽(ひらろ) 平組紐(ひらくみひも) 開名古屋仕立て(ひらきなごやじたて) 平織(ひらおり) 比翼紋(ひよくもん) 比翼仕立て(ひよくじたて) 比翼(ひよく) 屏風畳(びょうぶだたみ) 漂白(ひょうはく) 紐飾り(ひもかざり) 被布(ひふ) 緋の袴(ひのはかま) 日向紋(ひなたもん) 雛形本(ひながたぼん) 一目絞り(ひとめしぼり) 一つ紋(ひとつもん) 一つ身(ひとつみ) 一越縮緬(ひとこしちりめん) 一越(ひとこし) 単羽尺(ひとえはじゃく) 単袴(ひとえばかま) 単羽織(ひとえばおり) 単仕立て(ひとえじたて) 単帯(ひとえおび) 単・単衣(ひとえ) 疋田絞り(ひったしぼり) 疋田鹿子(ひったかのこ) 浸し染(ひたしぞめ) 引き彫り(ひきぼり) 引き染(ひきぞめ) 疋(ひき) 半幅帯(はんはばおび) 半纏(はんてん) 半襦袢(はんじゅばん) 半コート(はんこーと) 半衿(はんえり) パレス縮緬(ぱれすちりめん) 晴着(はれぎ) 張り付け紋(はりつけもん) 腹帯(はらおび) 腹合わせ帯(はらあわせおび) 浜縮緬(はまちりめん) 羽二重(はぶたえ) 花結び(はなむすび) 花見幕(はなみまく) 縹色(はなだいろ) 花色(はないろ) 把釣孔(はつりめ) 八寸名古屋帯(はっすんなごやおび) 法被(はっぴ) 八掛(はっかけ) 八丈(はちじょう) 撥衿(ばちえり) 肌襦袢(はだじゅばん) 芭蕉布(ばしょうふ) 羽尺(はじゃく) 筥迫(はこせこ) 刷毛目模様(はけめもよう) 白山紬(はくさんつむぎ) 箔押し(はくおし) 箔置き(はくおき) 袴地(はかまじ) 袴(はかま) 博多織(はかたおり) 博多帯(はかたおび) 羽織紐(はおりひも) 羽織(はおり) 羽裏(はうら) 貝絞り(ばいしぼり)