着物が着たくなったら、着物用語集


日本の民族衣装である着物。
近年の洋装化で着物を着る機会が少なくなっているといいます。しかし、お正月をはじめとして、結婚式や成人式、七五三、入学式や卒業式、また夏の浴衣など、季節の行事やイベントなどで着物を着るきっかけはたくさんあります。そんな時、着物や帯について疑問に思うこと、また聞けないこと、「着物が着たくなったら、着物用語集」でお調べください。

« 2008年6月 | Top2008年9月 »

新着情報【2008年7月】

白子型(しろこがた)とは、三重県伊勢の白子町や寺家町で生産される捺染(なっせん)...

印半纏(しるしばんてん)とは、江戸時代に火消しや大工、左官、鳶職(とびしょく)な...

シルク・ウールとは、多くは,経糸(たていと)に絹糸、緯糸(よこいと)に毛糸が用い...

蜀江錦(しょっこうにしき)とは、中国の蜀(現在の四川省)の川で染められた、多彩な...

植物染料(しょくぶつせんりょう)とは、植物の根や樹皮、木質部、花弁、実、葉、茎な...

植物繊維(しょくぶつせんい)とは、麻や木綿などの植物から採る繊維で、天然繊維の一...

定紋(じょうもん)とは、それぞれの家によって代々定められている紋のことをいいます...

上布(じょうふ)とは、上等な布という意味を持ち、一般的には麻織物の中でも上質な苧...

衣(きぬ)とは、衣服や着物のことをいいます。また、身にまとうものの総称でもありま...