Top >  きもの・帯 か行 >  衣(きぬ)

衣(きぬ)

衣(きぬ)とは、衣服や着物のことをいいます。また、身にまとうものの総称でもあります。

古墳時代では、男子は衣褌(きぬばかま)、女子は衣裳(きぬも)と呼ばれる上下が分かれた服装を着用し、上半身にまとう衣服のことを衣(きぬ)と呼んでいました。

平安時代になると、重ねて着用していた装束(しょうぞく)の絹の広袖(ひろそで)のきものの事を衣(きぬ)と呼び、最も外側のものを表着(うわぎ)の衣(きぬ),最も内側のものを単(ひとえ)の衣(きぬ)、その間に重ねているものを内着(うちぎ)の衣(きぬ)と呼ばれていまし。また、内着(うちぎ)は、袿(うちき)とも呼ばれ、その枚数によって、三つ衣、五つ衣などとも呼ばれました。

         

きもの・帯 か行

着物や帯についてのか行

関連エントリー

衣(きぬ) 絹(きぬ) 着流し(きながし) 着付け(きつけ) 几帳(きちょう) 着丈(きたけ) 被(きせ) 着尺(きじゃく) 生地(きじ) 生絹(きぎぬ) 幾何模様(きかもよう) 機械捺染(きかいなっせん) 生糸(きいと) 顔料(がんりょう) 寛文模様(かんぶんもよう) 関東仕立て(かんとうじたて) 間道(かんどう) 関西仕立て(かんさいじたて) 河内木綿(かわちもめん) からみ織(からみおり) 柄付け(がらつけ) からげ帯(からげおび) 唐組(からくみ) 唐織(からおり) 家紋(かもん) 鴨川染(かもがわぞめ) 裃小紋(かみしもこもん) 紙子(かみこ) 甲比丹織り(カピタンおり) 鹿子絞り(かのこしぼり) 金巾(かなきん) 被衣(かつぎ) 鰹縞(かつおじま) 片寄模様(かたよせもよう) 型友禅(かたゆうぜん) 肩山(かたやま) 型見本(かたみほん) 片身替り(かたみがわり) 型染(かたぞめ) 肩滑り(かたすべり) 肩裾模様(かたすそもよう) 片皺縮緬(かたしぼちりめん) 型小紋(かたこもん) 片側帯(かたがわおび) 型紙捺染(かたがみなっせん) 型紙(かたがみ) 型置き(かたおき) 型絵染(かたえぞめ) 肩当て(かたあて) 肩揚げ(かたあげ) 絣木綿(かすりもめん) 絣御召(かすりおめし) 絣足(かすりあし) 絣(かすり) カシミア 飾り仕付け(かざりじつけ) 襲色目(かさねのいろめ) 重ね衿(かさねえり) 傘絞り(かさしぼり) 囲文様(かこみもよう) 加工着尺(かこうきじゃく) 陰紋(かげもん) 掛下帯(かけしたおび) 掛下(かけした) 掛衿(かけえり) 額縁仕立て(がくぶちじたて) 角通し(かくとおし) 角袖(かくそで) 額裾(がくすそ) 額仕立て(がくじたて) 隠し仕付け(かくしじつけ) 角帯(かくおび) 額裏(がくうら) 描疋田(かきびった) 描更紗(かきさらさ) 描上友禅(かきあげゆうぜん) 加賀友禅(かがゆうぜん) 加賀紋(かがもん) 鏡仕立て(かがみじたて) 加賀染(かがそめ) 蚊絣(かがすり) 化学繊維(かがくせんい) 抱え帯(かかえおび) 掻巻(かいまき) 掻取(かいどり)・掻取姿 懐紙(かいし)・懐紙入れ 甲斐絹(かいき) 吉祥文様(きっしょうもよう・きっしょうもんよう)