Top >  きもの・帯 あ行

きもの・帯 あ行

着物や帯についてのあ行

きもの・帯 あ行一覧

lime.jpg

漆箔(うるしはく)

漆箔(うるしはく)とは、鳥の子紙と呼ばれる滑らかで耐久性のある上質な和紙に漆を塗...

漆糸(うるしいと)

漆糸(うるしいと)とは、漆(うるし)を和紙に塗って細く切り綿糸の芯に撚り(より)...

ウール御召(うーるおめし)

ウール御召(うーるおめし)とは、ウール地に御召(おめし)風の柄を織り出した着尺の...

裏箔(うらはく)

裏箔(うらはく)とは,盛夏用の絽(ろ)や紗(しゃ)などのように透ける素材の布の裏...

裏褄模様(うらづまもよう)

裏褄模様(うらづまもよう)とは、着物の模様付けの名称で、表地には模様がなく、両衽...

裏地(うらじ)

裏地(うらじ)とは、袷(あわせ)仕立ての衣類の裏側につける布地のことをいいます。...

裏衿(うらえり)

裏衿(うらえり)とは、着物の衿の内側に用いられる布地のことをいいます。 女物では...

裏打ち仕立て(うらうちじたて)

裏打ち仕立て(うらうちじたて)とは、絞り染め地や弱った布などの張りをもたせる為に...

裏打ち(うらうち)

裏打ち(うらうち)とは、布地に張りをもたせたり、補強する為に布地の裏に紙や布を張...

梅染(うめぞめ)

梅染(うめぞめ)とは、梅の木の皮や根で染めたもの、および染めることをいいます。 ...

馬乗り(うまのり)

馬乗り(うまのり)とは、肌襦袢(はだじゅばん)の両脇縫いの裾の縫い合わされていな...

産着(うぶぎ)

産着(うぶぎ)とは、生まれてすぐの赤ちゃんに着せる着物のことをいいます。 昔は、...

畝織(うねおり)

畝織(うねおり)とは、平織(ひらおり)の変化組織で、横または縦(たて)に高く低く...

写糊(うつしのり)

色糊(いろのり)とも呼ばれる写糊(うつしのり)とは、化学染料と糊を混ぜた色のつい...

写染(うつしぞめ)

写染(うつしぞめ)とは、布の上に型紙をおき、糊(のり)の中に染料をまぜた色糊(の...

打込み(うちこみ)

打込み(うちこみ)とは、織物を織る時の緯糸(よこいと)の密度のことをいいます。 ...

袿袴(うちぎばかま)(けいこ)

けいことも呼ばれる袿袴(うちぎばかま)とは、明治時代以降の簡略化された宮中服のこ...

袿(うちぎ)

袿(うちぎ)とは、平安時代の女性の盛装で、肌着と表衣の間に着る内着という意味から...

打掛(うちかけ)

打掛(うちかけ)とは、室町時代以降の女性の礼服の一種で、小袖(こそで)と呼ばれる...

鶉縮緬(うずらちりめん)

鬼縮緬(おにちりめん)、鬼しぼ縮緬、鎖縮緬(くさりちりめん)とも呼ばれる鶉縮緬(...

薄物仕立て(うすものじたて)

薄物仕立て(うすものじたて)とは、絽(ろ)や紗(しゃ)、上布(じょうふ)等の、盛...

薄物(うすもの)

薄物(うすもの)とは、主に盛夏用の衣服に用いられる、薄地の織物のことをいいます。...

薄衣(うすぎぬ)

薄衣(うすぎぬ)とは、主に盛夏用の衣服に用いられる、細い糸で織り上げられた、薄い...

薄御召(うすおめし)

薄御召(うすおめし)とは、さらっとした風合いをもたせた薄物の御召(おめし)のこと...

糸目(いとめ)

糸目(いとめ)とは、手描き友禅染(ゆうぜんぞめ)などの技法で、柄の輪郭の白い線の...

アンサンブル(あんさんぶる)

対(つい)とも呼ばれるアンサンブルとは、着物と羽織を同じ布地で作ったもののことを...

厚板(あついた)

厚板織り(あついたおり)とも呼ばれる厚板(あついた)とは、紋織物(もんおりもの)...

灰汁抜き(あくぬき)

灰汁抜き(あくぬき)とは、藍瓶(あいがめ)で染めた糸を、一夜水につけて充分に洗い...

灰汁洗い(あくあらい)

灰汁洗い(あくあらい)とは、灰汁(あく)で汚れを洗うことをいいます。 灰汁(あく...

藍蝋(あいろう)

藍蝋(あいろう)とは、藍花からつくられた青色の顔料のことをいいます。 藍花やすで...

藍浴衣(あいゆかた)

藍浴衣(あいゆかた)とは、藍染めの木綿の夏用浴衣のことをいいます。 藍の一色染め...

合着(あいぎ)

合着(あいぎ)とは、夏物と冬物の間の時期に着用する衣服のことをいいます。 洋装で...

浮織物(うきおりもの)

浮織物(うきおりもの)とは、柄の部分を地の組織より浮かせて織り、立体感を出した織...

上田紬(うえだつむぎ)

上田紬(うえだつむぎ)とは、長野県上田市で生産される紬織りの着尺のことを言います...

印度更紗(いんどさらさ)

印度更紗(いんどさらさ)とは、印度で生産される更紗(さらさ)のことをいいます。 ...

印伝(いんでん)

印伝(いんでん)とは、インドから伝わった、鹿や羊のなめし革に漆(うるし)や染料で...

インディゴ

インディゴとは、青色の染料で藍(あい)のこといいます。 染物や印刷に使われてきた...

印金(いんきん)

印金(いんきん)とは、布地に漆(うるし)や糊を用いて、金や銀、雲母(きら)を付け...

印金(いんきん)

印金(いんきん)とは、布地に漆(うるし)や糊を用いて、金や銀、雲母(きら)を付け...

インカ模様(いんかもよう)

インカ模様(いんかもよう)とは、インカ帝国で生まれた模様で、神人や動植物、魚や鳥...

印華布(いんかふ)

印華布(いんかふ)とは、中国更紗(さらさ)のことをいいます。 華布や唐華布とも呼...

岩田帯(いわたおび)

岩田帯(いわたおび)とは、妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に、妊婦が母子の健康や...

祝い袴(いわいばかま)

祝い袴(いわいばかま)とは、七五三の五歳の男児がはく袴のことをいいます。 七五三...

祝い着(いわいぎ)

祝い着(いわいぎ)とは、お宮参りの初着(うぶぎ)や成人式の振袖、結婚式の花嫁衣裳...

祝い帯(いわいおび)

祝い帯(いわいおび)とは、お祝いの時につける帯なので、七五三の女児が付ける丸帯の...

色紋付(いろもんつき)

色紋付(いろもんつき)とは、色無地(いろむじ)や色留袖(いろとめそで)などの、地...

色目(いろめ)

色目(いろめ)とは、衣服の色の組み合わせのことをいいます。 この色目には、俗に十...

色無地(いろむじ)

色無地(いろむじ)とは、黒以外の色で一色の無地染めのきもののことをいいます。 同...

色見本(いろみほん)

色見本(いろみほん)、略して色本(いろほん)とは、糸や布を染めるとき、または注文...

色振袖(いろふりそで)

色振袖(いろふりそで)とは、現在では一般的に振袖といわれている、地色が色物の振袖...

色糊(いろのり)

色糊(いろのり)とは、染料を混ぜた糊のことをいいます。 明治の中頃から、型紙など...

色抜き(いろぬき)

色抜き(いろぬき)とは、一度染められた染物の色を抜きとることをいいます。 染め色...

色直し(いろなおし)

色直し(いろなおし)とは、結婚式の披露宴で衣裳を着替えることをいいます。たいてい...

色留袖(いろとめそで)

色留袖(いろとめそで)とは、女性の礼装の留袖で地色が黒でないもののことをいいます...

色足袋(いろたび)

色足袋(いろたび)とは、白足袋以外の色ものの足袋のことをいいます。 時代の流れに...

色大島(いろおおしま)

色大島(いろおおしま)とは、化学染料を使用して色絣模様に染色した大島紬のことをい...

色衿(いろえり)

色衿(いろえり)とは、長襦袢の衿につける色物の半衿のことをいいます。 戦前、半衿...

色合わせ(いろあわせ)

色合わせ(いろあわせ)とは、着物に帯や羽織、和装小物類を合わせる時に、色彩効果を...

色揚げ(いろあげ)

色揚げ(いろあげ)とは、色あせたり、年齢に合わなくなった染物の上から、主に暗色や...

入替模様(いれかわりもよう)

入替模様(いれかわりもよう)とは、地になる部分と模様になる部分が、同じ大きさの同...

伊予絣(いよかすり)

伊予絣(いよかすり)とは、愛媛県の松山市周辺で生産されている平織の紺木綿絣のこと...

伊那紬(いなつむぎ)

伊那紬(いなつむぎ)とは、古くから養蚕(ようさん)が盛んであった、長野県天竜川沿...

糸目友禅(いとめゆうぜん)

糸目友禅(いとめゆうぜん)とは、糸目糊(いとめのり)を用いて染める友禅染(ゆうぜ...

糸目糊(いとめのり)

糸目糊(いとめのり)とは、手描き友禅(ゆうぜん)の防染に用いるもち米とぬかが主原...

糸錦(いとにしき)

糸錦(いとにしき)とは、多彩な色糸や金糸や銀糸を用いて豪華な模様を織り出した美術...

糸印(いとじるし)

糸印(いとじるし)とは、糸でつける印のことで、主にヘラのきかない布地やヘラを使う...

五つ紋(いつつもん)

五つ紋(いつつもん)とは、男女の正式礼装の着物や男物の羽織につける五つの家紋のこ...

一珍染(いっちんぞめ)

一陳染めとも書かれる一珍染(いっちんぞめ)とは、澱粉(でんぷん)に石灰を混ぜた防...

一色染(いっしょくぞめ)

一色染(いっしょくぞめ)とは、一色だけで染めること、又は染め上げた染物のことで単...

市松模様(いちまつもよう)

市松模様(いちまつもよう)とは、色の異なった四角形を交互に並べた割付(わりつけ)...

板場(いたば)

板場(いたば)とは、友禅染(ゆうぜんぞめ)や小紋染め、中形(ちゅうがた)など、型...

板締(いたじめ)

板締(いたじめ)とは、染色技法の1つで、二枚の板に同じ図柄を凸形に彫り、その間に...

伊勢型紙(いせかたがみ)

伊勢型紙(いせかたがみ)とは、江戸時代以来、三重県の白子(しろこ)町や寺家(じげ...

衣裳雛形(いしょうひながた)

衣裳雛形(いしょうひながた)とは、江戸時代に刊行された着物の柄の見本帳のことをい...

意匠白生地(いしょうしろきじ)

意匠白生地(いしょうしろきじ)とは、紋綸子(もんりんず)、紋緞子(もんどんす)、...

石畳織(いしだたみおり)

石畳織(いしだたみおり)とは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)で色の違う四角形...

石底地(いしぞこじ)

石底地(いしぞこじ)とは、足袋底(たびぞこ)に用いられる厚地で凹凸のある綿織物の...

石摺り(いしずり)

石摺り(いしずり)とは、無地染の紬(つむぎ)や御召(おめし)を石の粗い面に当てて...

石下紬(いしげつむぎ)

石下紬(いしげつむぎ)とは、茨城県西部の石下地方で生産される絹と綿の交織の紬織物...

居敷当て(いしきあて)

居敷当て(いしきあて)とは、単(ひとえ)の着物や長襦袢のお尻の部分に補強の目的で...

居坐機(いざりばた)

居坐機(いざりばた)とは、最も古くから使われていた手織機で、床に座り、機に張る経...

衣桁(いこう)

衣桁(いこう)とは、着物をかける和風の家具のことをいいます。木の枠だけの衝立(つ...

井桁絣(いげたがすり)

井桁絣(いげたがすり)とは、堀井戸の上部の縁に四角く組んだ木材から成り立った、井...

生洗い(いきあらい)

生洗い(いきあらい)とは、主に絹物の着物に汚れやしみがついた場合にばらさないで着...

飯田紬(いいだつむぎ)

飯田紬(いいだつむぎ)とは、信州紬(しんしゅうつむぎ)の1種で、長野県の飯田地方...

行灯袴(あんどんばかま)

行灯袴(あんどんばかま)とは、袴の一種で行灯(あんどん)のような筒型の形をしてい...

袷羽織(あわせばおり)

袷羽織(あわせばおり)とは、袷仕立て(あわせじたて)の羽織のことで、裏地を縫い合...

袷帯(あわせおび)

袷帯(あわせおび)とは、女物の帯の一種で、表地と裏地に異なる布を用いて、縫い合わ...

袷(あわせ)

袷(あわせ)とは、表地に裏地を縫い合わせた着物のことをいいます。女物には裏地に胴...

阿波しじら(あわしじら)

阿波しじら(あわしじら)とは、徳島県で生産される先染めの綿織物で縮(ちぢみ)のよ...

有松絞り(ありまつしぼり)

有松絞り(ありまつしぼり)とは、愛知県の有松地方で生産される木綿絞りのことをいい...

有栖川錦(ありすがわにしき)

有栖川錦(ありすがわにしき)とは、錦(にしき)の名物裂(めいぶつぎれ)の1つで、...

霰絣(あられがすり)

霰絣(あられがすり)とは、小さな四角形を一面に散らした霰(あられ)と呼ばれる模様...

アラベスク

アラベスクとは、装飾模様の一種で、元々は、アラビア風装飾の意味でしたが、現在では...

嵐絞り(あらししぼり)

嵐絞り(あらししぼり)とは、絞り染めの一種で、嵐の時の雨のような細い斜めの絞り模...

麻(あさ)

麻(あさ)とは、クワ科の植物性繊維で、苧麻(ちょま)や大麻、黄麻、亜麻などの種類...

曙染(あけぼのぞめ)

曙染(あけぼのぞめ)とは、曙の空に似せて上部を濃く、裾に向かうにつれて淡くぼかし...

曙縞(あけぼのじま)

曙縞とは、細い縞から段々と太い縞になるように並べた縞柄(しまがら)のことです。ぼ...

揚げ帽子(あげぼうし)

揚げ帽子(あげぼうし)とは、江戸時代に武家や上流階級の女性が外出の際に塵(ちり)...

灰汁(あく)

灰汁(あく)とは、木灰やわら灰に水を注いで濾過(ろか)した液のことです。染料が布...

秋田八丈(あきたはちじょう)

秋田八丈(あきたはちじょう)とは、八丈島で生産される本場黄八丈に対して、秋田で生...

茜染(あかねぞめ)

茜染(あかねぞめ)とは、茜草の根の部分を染料にして染めること、または染めたものの...

茜(あかね)

茜(あかね)とは、日本で最も古い赤色の染料で、アカネ科の多年生つる草です。草の根...

明石(あかし)・明石縮(あかしちぢみ)

明石(あかし)とは、明石縮(あかしちぢみ)の略称で、経糸(たていと)に生糸(きい...

青花紙(あおばながみ)

青花紙(あおばながみ)とは、露草の花の汁を絞って和紙に吸収させ、乾燥させたものの...

洗い張り(あらいはり)

洗い張り(あらいはり)とは、着物を解いて一反分の布にした状態で洗濯することをいい...

洗い染(あらいぞめ)

洗い染(あらいぞめ)とは、洗って色あせた紅色という意味で、うすい紅色のことをいい...

洗い朱(あらいしゅ)

洗い朱(あらいしゅ)とは、黄とわずかな紫色を帯びた朱の淡色のことをいいます。着物...

綾錦(あやにしき)

綾錦(あやにしき)とは、美しい絹織物のことを指し、多彩な帯や着物、紅葉の鮮やかさ...

雨絣(あめがすり)

雨絣(あめがすり)とは、経糸(たていと)だけに絣糸(かすりいと)を用いて、直線が...

雨ゴート(あまゴート)

雨ゴート(あまゴート)とは、防水加工が施された和装用の長コートのことで、雨の日の...

亜麻糸(あまいと)

亜麻糸(あまいと)とは、アマ科の亜麻の繊維を紡績してつくった植物性繊維に属する糸...

当て布(あてぬの)

当て布(あてぬの)とは、後ろ身頃のお尻の部分に当てる居敷当てや肩の部分に当てる肩...

厚綿(あつわた)

厚綿(あつわた)とは、舞台上の人物を大きく見せるために着物の衿やふきに綿をかたく...

アップリケ

アップリケとは、土台の布地に別の布や羽、毛皮、金属、ビーズなどの様々な材料を縫い...

汗除け(あせよけ)

汗除け(あせよけ)とは、汗が直接着物につかないようにするための夏季用の胴回りだけ...

アセテート

アセテートとは、半合成繊維に属する酢酸セルローズ系の化学繊維のことをいいます。 ...

畦織(あぜおり)

畦織(あぜおり)とは、経糸(たていと)や緯糸(よこいと)に太さの違う糸を混ぜて平...

東・吾妻コート(あずまこーと)

東・吾妻コート(あずまこーと)とは、明治中期から大正にかけて流行した、防寒や防雨...

東衿長襦袢(あずまえりながじゅばん)

東衿長襦袢(あずまえりながじゅばん)とは、最も一般的な撥衿(ばちえり)仕立ての長...

網代模様(あじろもよう)

網代模様(あじろもよう)とは、竹や木などを編んで網の代わりとして用いていた、網代...

麻の葉模様(あさのはもよう)

麻の葉模様(あさのはもよう)とは、6個の菱形を放射状に集めた幾何学的な模様を一つ...

浅葱・浅黄木綿(あさぎもめん)

浅葱・浅黄木綿(あさぎもめん)とは、経糸(たていと)緯糸(よこいと)ともに浅葱色...

麻織物(あさおりもの)

麻織物(あさおりもの)とは、麻の繊維を原料にして織ったもののことで、現在では、盛...

麻裏草履(あさうらぞうり)

麻裏草履(あさうらぞうり)とは、草履の裏に麻苧(あさお)とよばれる麻の繊維からと...

麻糸(あさいと)

麻糸(あさいと)とは、大麻や苧麻(ちょま)、ラミーなどの皮の部分を細く裂き、撚っ...

青縞(あおじま)

青縞(あおじま)とは、木綿の平織物で濃い藍染の経糸と横糸を用いて織り上げられた織...

揚げ(あげ)

揚げとは、育ち盛りの子どものために長めに仕立てた着物を成長に合わせて寸法を調節す...

秋草文様(あきくさもよう)

秋草文様とは、秋の七草や秋の野に自生している草花を色々とりまぜて文様化したもので...

藍微塵(あいみじん)

藍微塵とは、縞柄の呼び名のことをいいます。 経糸に藍染糸を二本、地糸二本で一柄...

藍花(あいばな)

藍花とは、藍は生きているため、藍瓶の中で呼吸し発酵します。そのときにできる泡の...

合褄(あいづま)

合褄(あいづま)とは、衿下(褄下ともいう)部分での衽(おくみ)幅の呼び名。(赤...

藍玉(あいだま)

藍玉は、玉藍ともよばれ藍の染料のことをいいます。 蓼藍の生葉をよく乾かして砕き...

藍染(あいぞめ)

藍染とは、糸や布を藍液でもって染めることをいい、藍液で染め上げたもののこともい...

藍摺り(あいずり)

藍摺りとは、布の面に藍を摺りつけて模様を染めつける、摺り染色法のひとつ。 この染...

合標(あいじるし)

和裁などで用いられる合標(あいじるし)とは、間違いのないよう縫い合わせる目的で...

藍下(あいした)

藍下(あいした)は、あらかじめ藍で下染めをしておき、その上に他の染料でもう一度染...

藍更紗(あいざらさ)

更紗(さらさ)の一種である、藍更紗(あいざらさ)は、藍染によって染められた藍色を...

間着(あいぎ)

間着(あいぎ)とは、表に着る着物と下着の間に着る着物のことをいいます。 現在で...

藍瓶(あいがめ)

藍瓶(あいがめ)とは、藍壺ともいわれる染色用具のひとつで、藍液を発酵させるために...

藍型(あいがた)

藍型(あいがた)とは、「えーがた」ともよばれる、沖縄県で生産される型染めのことを...

藍(あい)

藍とは、古代から用いられている植物染料の一つです。また、藍色の略称としても用いら...

綾絹(あやぎぬ)

綾絹(あやぎぬ)とは、主に裏地として用いられる、綾組織で織られた絹織物のことをい...

綾織(あやおり)

綾織(あやおり)とは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の交錯方法によって、織面...

後染(あとぞめ)

後染(あとぞめ)とは、織り上がった白生地に後から染めることをいいます。 縮緬(ち...