Top >  きもの・帯 か行

きもの・帯 か行

着物や帯についてのか行

きもの・帯 か行一覧

lime.jpg

衣(きぬ)

衣(きぬ)とは、衣服や着物のことをいいます。また、身にまとうものの総称でもありま...

絹(きぬ)

絹(きぬ)とは、蚕(かいこ)のつくる繭(まゆ)から取り出した繊維で、着物に使われ...

着流し(きながし)

着流し(きながし)とは、男性が羽織や袴をつけないで、略装の着物だけの姿のことを言...

着付け(きつけ)

着付け(きつけ)とは、着物を体に着せ付けること、または着せ付けられた状態のことを...

几帳(きちょう)

几帳(きちょう)とは、平安時代から公家の間で使用されていた、間仕切り用の調度品の...

着丈(きたけ)

着丈(きたけ)とは、着物を着るときに着付ける丈のことをいいます。 着物の後ろ中心...

被(きせ)

被(きせ)とは、着物を仕立てるときに、縫い目が表に見えたりはだけたりするのを防ぐ...

着尺(きじゃく)

着尺(きじゃく)とは、幅約37cm、長さ約12.5mを一反として織り上げられた、...

生地(きじ)

生地(きじ)とは、染色加工などをする材料になる織物の地質のことをいいます。 染生...

生絹(きぎぬ)

生絹(きぎぬ)とは、生糸(きいと)のままで織り上げたままの絹織物のことをいいます...

幾何模様(きかもよう)

幾何模様(きかもよう)とは、直線や曲線、点、面などを組み合わせて構成された幾何学...

機械捺染(きかいなっせん)

機械捺染(きかいなっせん)とは、通常は手工で行われている捺染(なっせん)という染...

生糸(きいと)

生糸(きいと)とは、蚕(かいこ)の繭(まゆ)から取り出した繊維を数本撚り(より)...

顔料(がんりょう)

顔料(がんりょう)とは、水や油などの溶媒に溶けない着色剤のことをいいます。染料と...

寛文模様(かんぶんもよう)

寛文模様(かんぶんもよう)とは、主に右肩の部分に重点を置き、余白をとって裾のほう...

関東仕立て(かんとうじたて)

関東仕立て(かんとうじたて)とは、長襦袢の仕立て方の1つで、衿肩まわりから裾まで...

間道(かんどう)

漢島や漢東、広東とも書かれる、間道(かんどう)とは、経糸(たていと)を染め分けて...

関西仕立て(かんさいじたて)

関西仕立て(かんさいじたて)とは、長襦袢の仕立て方の1つで、別衿をつけて仕立てる...

河内木綿(かわちもめん)

河内木綿(かわちもめん)とは、大阪の河内地方で織られていた、厚地の白木綿のことを...

からみ織(からみおり)

からみ織(からみおり)とは、織り目に隙間の出来る織り方のことをいいます。織機に簡...

柄付け(がらつけ)

柄付け(がらつけ)とは、染下生地に模様を染めつけることをいいます。...

からげ帯(からげおび)

からげ帯(からげおび)とは、江戸時代初期から使われ始めた帯で、着物を着るときにひ...

唐組(からくみ)

唐組(からくみ)とは、平組みで菱文を作り平面的にく組み上げていく、組紐の組み方の...

唐織(からおり)

唐織(からおり)とは、もともとは中国から渡来した織物のことをいっていましたが、1...

家紋(かもん)

家紋(かもん)とは、その家の由緒を示す印のことをいいます。平安時代に公家の間で混...

鴨川染(かもがわぞめ)

鴨川染(かもがわぞめ)とは、京染めとも呼ばれ、京都で生産される染物のことをいいま...

裃小紋(かみしもこもん)

裃小紋(かみしもこもん)とは、江戸時代に武士の礼装である裃(かみしも)に用いられ...

紙子(かみこ)

紙子(かみこ)とは、和紙で作られた着物や羽織、頭巾などの衣類のことをいいます。丈...

甲比丹織り(カピタンおり)

甲比丹織り(カピタンおり)とは、外来織物でカピタンとはポルトガル語で船長という意...

鹿子絞り(かのこしぼり)

鹿子絞り(かのこしぼり)とは、仔鹿の背の斑点のような模様が染め上がる絞り染めの技...

金巾(かなきん)

金巾(かなきん)とは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の密度をほぼ同じにして織...

被衣(かつぎ)

被衣(かつぎ)とは、武家時代に身分のある婦人が外出時に頭からかぶった着物の形をし...

鰹縞(かつおじま)

鰹縞(かつおじま)とは、鰹の体の色が背から腹にかけてだんだんと薄くなっていくよう...

片寄模様(かたよせもよう)

片寄模様(かたよせもよう)とは、布幅の片側に寄せて模様をつけた、反物(たんもの)...

型友禅(かたゆうぜん)

型友禅(かたゆうぜん)とは、型紙友禅(かたがみゆうぜん)の略語で、型紙と写し糊を...

肩山(かたやま)

肩山とは、着物の身頃は洋服と違い、前身頃と後ろ身頃がつながっているので、身頃の前...

型見本(かたみほん)

型見本(かたみほん)とは、染物の柄見本のことで、以前は、反物状に丸く巻いていたの...

片身替り(かたみがわり)

片身替りとは、きものの模様配置の一種で、背縫いを中心に左右で別の地色や、別の模様...

型染(かたぞめ)

型染(かたぞめ)とは、小紋(こもん)や中形(ちゅうがた)、紅型(びんがた)、摺り...

肩滑り(かたすべり)

肩滑り(かたすべり)とは、単(ひとえ)の羽織やコート類の肩の裏の部分に補強や滑り...

肩裾模様(かたすそもよう)

肩裾模様とは、肩と裾だけに模様があり、胴の部分があいている小袖の模様付けの名称で...

片皺縮緬(かたしぼちりめん)

片皺縮緬とは、普通の縮緬である両皺縮緬(りょうしぼちりめん)に対して、緯糸(よこ...

型小紋(かたこもん)

型小紋とは、型紙を用いて染められた小紋のことです。もともと小紋は型染のもののこと...

片側帯(かたがわおび)

片側帯とは、片面ずつ異なった帯地を合わせて仕立てた女帯のことで、昼夜帯に同じです...

型紙捺染(かたがみなっせん)

型紙捺染とは、模様を切り抜いた型紙を用いた、版画のように染める捺染(なっせん)と...

型紙(かたがみ)

型紙とは、型友禅(かたゆうぜん)や小紋(こもん)、更紗(さらさ)などの柄を版画の...

型置き(かたおき)

型置きとは、小紋(こもん)や中形(ちゅうがた)、型友禅(かたゆうぜん)などの型紙...

型絵染(かたえぞめ)

型絵染とは、型染の1種で絵画的な模様を型紙を用いて多彩に染めたもののことです。...

肩当て(かたあて)

肩当てとは、単(ひとえ)の着物や肌着などの衿肩回りを丈夫にするために裏側にあらか...

肩揚げ(かたあげ)

肩揚げとは、着物の部分名称で、長めに仕立てた子供物の着物を実際の寸法に合わせて裄...

絣木綿(かすりもめん)

絣木綿とは、絣模様を織り出した木綿地のことです。木綿絣とも呼ばれています。...

絣御召(かすりおめし)

絣御召とは、御召縮緬(おめしちりめん)の1種で、絣柄を織り出した御召のことです。...

絣足(かすりあし)

絣足とは、絣糸を用いて織り上げた絣織物に自然に出来る模様のずれのことをいいます。...

絣(かすり)

絣とは、糸や布地に染まった部分と染まってない部分をつくることによって模様を表す方...

カシミア

カシミアとは、インドの北西部のカシミア地方で生産される毛織物で、山羊の毛を紡績し...

飾り仕付け(かざりじつけ)

飾り仕付けとは、和裁用語で着物の被(きせ)を整えたり、装飾をかねた仕付けのことで...

襲色目(かさねのいろめ)

襲色目(かさねのいろめ)とは、平安時代に女性が襲ねて着用していた装束(しょうぞく...

重ね衿(かさねえり)

重ね衿とは、着物の2枚重ねを省略して、衿の見える部分だけ2枚着ているように見える...

傘絞り(かさしぼり)

傘絞りとは、有松絞りに多く用いられている絞り染めの手法で、模様の輪郭をぐし縫いし...

囲文様(かこみもよう)

囲文様とは、円形や菱形の輪郭の中に花などを納めた丸紋や菱紋などのことです。また、...

加工着尺(かこうきじゃく)

加工着尺とは、ろうけつ染や絞り染め、生地の地紋を生かすように染められた地紋起こし...

陰紋(かげもん)

陰紋(かげもん)とは、正式な日向紋(ひなたもん)に対して、略式の紋のことをいいま...

掛下帯(かけしたおび)

掛下帯(かけしたおび)とは、打掛けの下に用いる繻子総繍(しゅすそうぬい)の丸帯の...

掛下(かけした)

掛下(かけした)とは、打掛けの下に用いるもののことで、本来は掛下帯のことを言って...

掛衿(かけえり)

掛衿(かけえり)とは、もともとはおしゃれの為に高級な布地を衿の一部に掛けることで...

額縁仕立て(がくぶちじたて)

額縁仕立て(がくぶちじたて)は、額仕立て(がくじたて)に同じです。(単衣の着物に...

角通し(かくとおし)

角通し(かくとおし)は、江戸小紋柄の一つです。先端が正方形になった道具で彫った型...

角袖(かくそで)

角袖(かくそで)とは、男物の着物の袖に用いられる、袂(たもと)に丸みをつけない仕...

額裾(がくすそ)

額裾(がくすそ)とは、白地や淡い色の袷着物は透けて裏地が見えるので考案された、袖...

額仕立て(がくじたて)

額仕立て(がくじたて)とは、単(ひとえ)の着物の裾の角などに見られる仕立て方で、...

隠し仕付け(かくしじつけ)

隠し仕付け(かくしじつけ)とは、きせをおさえるために用いる仕付け方で、着物を着る...

角帯(かくおび)

角帯(かくおび)とは、男物で幅約10cmに仕立てられたかたい帯のことです。帯芯を...

額裏(がくうら)

額裏(がくうら)とは、主に男物の羽織の裏として用いられる、額の中の一枚の絵のよう...

描疋田(かきびった)

描疋田(かきびった)とは、絞り染めの疋田鹿子(ひったかのこ)で表される、小鹿の背...

描更紗(かきさらさ)

描更紗(かきさらさ)とは、版や型を使わずに手で描いた更紗のことで、インドの金更紗...

描上友禅(かきあげゆうぜん)

描上友禅(かきあげゆうぜん)とは、糸目糊で防染をする本友禅に対して、糸目糊を使わ...

加賀友禅(かがゆうぜん)

加賀友禅(かがゆうぜん)とは、旧加賀藩の石川県金沢市を中心に生産されている手書き...

加賀紋(かがもん)

加賀紋(かがもん)とは、自由なデザインで染や刺繍で多彩に表されたおしゃれな紋のこ...

鏡仕立て(かがみじたて)

鏡仕立て(かがみじたて)とは、布団類に見られる仕立て方で、布団の場合、裏表の2枚...

加賀染(かがそめ)

加賀染(かがそめ)とは、広い意味で、旧加賀藩である石川県金沢市で染められたものを...

蚊絣(かがすり)

蚊絣(かがすり)とは、経糸(たていと)緯糸(よこいと)ともに絣糸で、非常に細かい...

化学繊維(かがくせんい)

化学繊維(かがくせんい)とは、天然素材から作られる絹、木綿、毛などの天然繊維に対...

抱え帯(かかえおび)

抱え帯(かかえおび)とは、幅6cm長さ約2m65cmの帯で、江戸時代に着物をひき...

掻巻(かいまき)

掻巻(かいまき)とは、広袖の”どてら”より大きく、綿の入った夜具の一つ。 綿が入...

掻取(かいどり)・掻取姿

掻取(かいどり)とは、江戸時代に武家の女性の正装のことで打掛けともいわれます。掻...

懐紙(かいし)・懐紙入れ

懐紙とは、着物の懐(ふところ)に入れておく紙のことをいいます。現代でいうなら、テ...

甲斐絹(かいき)

甲斐絹(かいき)とは、絹織物の一つです。布面がなめらかで絹練り糸による平織りで、...

吉祥文様(きっしょうもよう・きっしょうもんよう)

吉祥文様(きっしょうもよう・きっしょうもんよう)とは、縁起がよく、幸福のしるしと...