Top >  きもの・帯 さ行

きもの・帯 さ行

着物や帯についてのさ行

きもの・帯 さ行一覧

lime.jpg

摺込み染(すりこみぞめ)

摺込み染(すりこみぞめ)、略して摺染(すりぞめ)とは、布の上に型紙を置き染料を含...

墨流し(すみながし)

墨流し(すみながし)とは、水面に墨汁を流し入れ、油をつけた棒で墨を乱れさせてでき...

砂子(すなご)

砂子(すなご)とは、金箔や銀箔の粉末を細かくまく染織技法のことをいいます。もとも...

裾よけ(すそよけ)

裾よけ(すそよけ)とは、着物を着るときに肌襦袢(はだじゅばん)とともに素肌につけ...

裾模様(すそもよう)

裾模様(すそもよう)とは、着物の裾の方にだけ模様を置く、着物の模様付けの一種です...

裾回し(すそまわし)

裾回し(すそまわし)とは、女物の袷(あわせ)着物の裾の裏に胴裏と合わせてつける布...

裾捌き(すそさばき)

裾捌き(すそさばき)とは、着物を着て歩くときに裾が乱れたりからんだりしないような...

裾濃(すそご)

裾濃(すそご)とは、上の方を淡く、下の裾の方にいくにつれて濃くなるようにぼかして...

裾合わせ(すそあわせ)

裾合わせ(すそあわせ)とは、和裁用語で綿入れや袷(あわせ)のきものを仕立てるとき...

錫箔(すずはく)

錫箔(すずはく)とは、錫(すず)を薄くのばしたもののことをいいます。 また、金を...

筋(すじ)

筋(すじ)とは、線が細長く通ったもののことをいい、縞(しま)のことをさします。 ...

杉綾織(すぎあやおり)

杉綾織(すぎあやおり)とは、ヘリンボーンとも呼ばれ、綾織の変化形で綾線の向きが等...

菅繍(すがぬい)

菅繍(すがぬい)とは、縫い紋や模様などに用いられる日本刺繍の技法の1つです。 緯...

菅糸(すがいと)

菅糸(すがいと)とは、生糸(きいと)を練る前の状態の一本のままの糸のことをいいま...

蘇芳(すおう)

蘇芳(すおう)とは、東インド原産の豆科の植物のことをいい、日本では古くから赤色を...

粋紗(すいしゃ)

粋紗(すいしゃ)とは、経糸(たていと)に玉糸が用いられた、薄地で紬(つむぎ)の風...

図案(ずあん)

図案(ずあん)とは、着物のデザインのことで、模様や色彩、配置などの案を図の上に表...

素袷(すあわせ)

素袷(すあわせ)とは、大正時代の初期に粋な女姿として流行した、肌着の上にそのまま...

新モス(しんもす)

新モス(しんもす)とは、毛織モスリンに似せて、甘撚り(より)の綿糸を用いて織られ...

甚兵衛(じんべえ)

甚兵衛(じんべえ)とは、男児や男性用の夏の家庭着のことをいいます。 麻や木綿の単...

陣羽織(じんばおり)

陣羽織(じんばおり)とは、室町時代頃から、戦国武将たちが陣中で、防寒防雨のために...

浸染(しんぜん)

浸染(しんぜん)とは、染料を溶かした液体の中に糸や布地を浸して染める、最も基本的...

信州紬(しんしゅうつむぎ)

信州紬(しんしゅうつむぎ)とは、長野県の松本周辺で生産される紬(つむぎ)織物のこ...

伸子(しんし)

伸子(しんし)とは、布幅を一定に広げて保つための道具で、両端に真鍮(しんちゅう)...

人絹(じんけん)

人絹(じんけん)とは、天然の絹糸に似せてつくられたレーヨンなどのことをいい、人造...

白無垢(しろむく)

白無垢(しろむく)とは、女性の婚礼衣裳として用いられている、表裏白一色で仕立てら...

白紬(しろつむぎ)

白紬(しろつむぎ)とは、白山紬(はくさんつむぎ)を代表とする、真綿(まわた)から...

白生地(しろきじ)

白生地(しろきじ)とは、織ったままの状態で染色加工をしていない、白いままの織物の...

白絣(しろがすり)

白絣(しろがすり)とは、絣織物(かすりおりもの)の一種で、一般的な紺地の紺絣(こ...

白上がり(しろあがり)

白上がり(しろあがり)とは、生地の色を染めるときに文様の部分を白く抜いて染めるこ...

白子型(しろこがた)

白子型(しろこがた)とは、三重県伊勢の白子町や寺家町で生産される捺染(なっせん)...

印半纏(しるしばんてん)

印半纏(しるしばんてん)とは、江戸時代に火消しや大工、左官、鳶職(とびしょく)な...

シルク・ウール

シルク・ウールとは、多くは,経糸(たていと)に絹糸、緯糸(よこいと)に毛糸が用い...

蜀江錦(しょっこうにしき)

蜀江錦(しょっこうにしき)とは、中国の蜀(現在の四川省)の川で染められた、多彩な...

植物染料(しょくぶつせんりょう)

植物染料(しょくぶつせんりょう)とは、植物の根や樹皮、木質部、花弁、実、葉、茎な...

植物繊維(しょくぶつせんい)

植物繊維(しょくぶつせんい)とは、麻や木綿などの植物から採る繊維で、天然繊維の一...

定紋(じょうもん)

定紋(じょうもん)とは、それぞれの家によって代々定められている紋のことをいいます...

上布(じょうふ)

上布(じょうふ)とは、上等な布という意味を持ち、一般的には麻織物の中でも上質な苧...

紹巴(しょうは)

紹巴(しょうは)とは、千利休の弟子である里村紹巴(しょうは)が所持していた名物裂...

上代御召(じょうだいおめし)

上代御召(じょうだいおめし)とは、素材の糸が往復にしぼ糸を使っている両しぼで、縞...

装束(しょうぞく)

装束(しょうぞく)とは、もともとは、儀式や行事の施設を整備することを指し、季節に...

正倉院文様(しょうそういんもんよう)

正倉院文様(しょうそういんもんよう)とは、奈良の東大寺正倉院の宝物の中に多く見ら...

正絹(しょうけん)

正絹(しょうけん)とは、人絹や絹との交織に対する語で、混じりけの無い絹糸、もしく...

背負揚げ(しょいあげ)

背負揚げ(しょいあげ)とは、帯を結ぶ時に用いる小物の1つで、一般的には、帯揚げ(...

準礼装(じゅんれいそう)

準礼装(じゅんれいそう)とは、正式礼装に準ずる服装のことをいいます。 準礼装の着...

襦袢友禅(じゅばんゆうぜん)

襦袢友禅(じゅばんゆうぜん)とは、花模様や雲取り(くもどり)、紗綾形(さやがた)...

襦袢(じゅばん)

襦袢(じゅばん)とは、ポルトガル語が語源で着物の肌着や下着のことをいいます。 襦...

繻子(しゅす)

繻子(しゅす)とは、繻子織(しゅすおり)の略称で、平織、綾織とともに織物の三原組...

十二単(じゅうにひとえ)

十二単(じゅうにひとえ)とは、平安、鎌倉時代にかけての宮中での女性の盛装で、女房...

十字絣(じゅうじがすり)

十字絣(じゅうじがすり)とは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)に絣糸(かすりい...

十三参り(じゅうさんまいり)

十三参り(じゅうさんまいり)とは、京都で陰暦の3月13日、現在での4月13日に生...

ジャワ更紗(じゃわさらさ)

ジャワ更紗(じゃわさらさ)とは、インドネシアのジャワ島を中心に生産されるろう防染...

洒落紋(しゃれもん)

洒落紋(しゃれもん)とは、紋の一種ですが家紋ではなく、和歌や名所、故事にちなんだ...

ジャカート

ジャカートとは、フランスのジョセフ・マリー・ジャカールが発明した紋織機(もんおり...

ジャガタラ縞(じゃがたらじま)

ジャガタラ縞(じま)とは、木綿の縞織物の一種です。ジャガタラはジャカルタの古い呼...

紗(しゃ)

紗(しゃ)とは、緯糸(よこいと)を1本打ち込むごとに経糸(たていと)2本を交差さ...

地紋起こし(じもんおこし)

地紋起こし(じもんおこし)とは、紋綸子(もんりんず)や紋意匠縮緬(もんいしょうち...

地紋(じもん)

地紋(じもん)とは、地文とも書かれ、あらゆる生地の地文様のことをいいます。浮き織...

締切り(しめきり)

締切り(しめきり)とは、絣柄(かすりがら)の一種で、締切り絣(しめきりがすり)の...

汚点抜き(しみぬき)

汚点抜き(しみぬき)とは、衣服についたしみを丸洗いしておとすのではなく、しみの部...

縞御召(しまおめし)

縞御召(しまおめし)とは、縞柄の御召縮緬(おめしちりめん)のことをいいます。もと...

仕舞袴(しまいばかま)

仕舞袴(しまいばかま)とは、能楽に用いられる襠(まち)のある袴(はかま)のことを...

縞(しま)

縞(しま)とは、線で構成された柄織物で、2種類以上の色糸を用いて経(たて)方向や...

絞り浴衣(しぼりゆかた)

絞り浴衣(しぼりゆかた)とは、絞り染めによって模様を現した浴衣のことをいいます。...

絞り染(しぼりぞめ)

絞り染(しぼりぞめ)とは、布地の一部を糸で括ったり(くくったり)、縫い締めたり、...

皺(しぼ)

皺(しぼ)とは、緯糸(よこいと)に強い撚り(より)をかけた糸を用いて織ることによ...

地風(じふう)

地風(じふう)とは、布地が持っている風合い、味わいのことを言います。...

地機(じばた)

地機(じばた)とは、最も古い形の手織機で、織り手が床に座って、機(はた)に張る経...

地伸し(じのし)

地伸し(じのし)とは、布地を裁つ前にそれぞれの生地の質に合わせて、布目を正したり...

地無模様(じなしもよう)

地無模様(じなしもよう)とは、刺繍(ししゅう)や絞り、摺り箔(すりはく)などの模...

十徳(じっとく)

十徳(じっとく)とは、昔、僧尼が着ていた直綴(じきとつ)と呼ばれていた外衣からの...

躾・仕付け(しつけ)

仕付けとも書かれる躾(しつけ)とは、着物の形がくずれないようにしたり、本縫いの作...

悉皆(しっかい)

悉皆(しっかい)とは、すべてという意味をもっていて、着物の丸洗いやシミ抜き、洗い...

下前(したまえ)

下前(したまえ)とは、着物を着るときに前身頃を打ち合わせる際、下側になる右前身頃...

下染(したぞめ)

下染(したぞめ)とは、複数の染料を用いて特定の色を出すときの最初に染める工程のこ...

下絵(したえ)

下絵(したえ)とは、布地に染めや刺繍などで模様を表す際に前もって青花を用いて下描...

時代裂(じだいぎれ)

時代裂(じだいぎれ)とは、正倉院裂や法隆寺裂などの室町時代までに中国から伝来し、...

地染(じぞめ)

地染(じぞめ)とは、模様の部分以外の地の部分に色を染めることです。地染の技法には...

地白中形(じしろちゅうがた)

地白中形(じしろちゅうがた)とは、藍染の紺地に模様が白抜きの地染中形に対して、地...

しじら

しじらとは、縦方向の縮(ちぢみ)で現したシボのある縮(ちぢみ)織物です。シボの凹...

刺繍(ししゅう)

刺繍(ししゅう)とは、中国から仏教の伝来とともに伝えられた、たくさんの色糸や金糸...

紫根染(しこんぞめ)

紫根染(しこんぞめ)とは、東北、関東、四国などの山野に自生する多年草の紫草の根の...

扱(しごき)

扱(しごき)とは、扱帯(しごきおび)の略で並幅の布を縫わずにしごいて締める帯のこ...

四季模様(しきもよう)

四季模様(しきもよう)とは、一枚の着物の中に春夏秋冬全ての季節を表す風物や草木、...

式服(しきふく)

式服(しきふく)とは、本来は式正(しきしょう)の服という意味で、冠婚葬祭や宮中の...

敷伸(しきのし)

敷伸(しきのし)とは、仕立て上げた着物の仕上げの方法で、形や縫い目を落ち着かせる...

色紙継ぎ(しきしつぎ)

色紙継ぎ(しきしつぎ)とは、布地が弱った時に裏から共布や同色の布をあてて縫いとめ...

地織(じおり)

地織(じおり)とは、織物の経糸(たていと)緯糸(よこいと)の地合いがあって別の糸...

塩瀬(しおぜ)

塩瀬(しおぜ)とは、塩瀬羽二重の略称で、細い経糸(たていと)を密にして、水に浸し...

塩沢紬(しおざわつむぎ)

塩沢紬(しおざわつむぎ)とは、新潟県の旧塩沢町付近で生産されている先染めの絹織物...

地色(じいろ)

地色(じいろ)とは、模様染や模様を織り出した生地の地になっている模様以外の部分の...

桟留縞(さんとめじま)

桟留縞(さんとめじま)とは、インドのコロマンデル地方のサントーメ英語読みではセン...

三尺(さんじゃく)

三尺(さんじゃく)とは、男物の三尺帯の略で、江戸時代に三尺の手拭いを帯に用いたの...

三原色(さんげんしょく)

三原色とは、赤、青、黄のことで、全ての色の基になる三色のことをいいます。色を混ぜ...

三纈(さんけち)

三纈(さんけち)とは、現在のろうけつ染にあたる臈纈(ろうけち)と絞り染の纐纈(こ...

サラセン模様(さらせんもよう)

サラセン模様とは、唐草模様や幾何学模様などの、7世紀のアラビア、イスラム教国であ...

晒木綿(さらしもめん)

晒木綿(さらしもめん)とは、平織の綿布の天然の色素を抜き、純白にしたものをいいま...

更紗(さらさ)

更紗(さらさ)とは、室町時代にインドやジャワ、ペルシアなどから伝来した人物や鳥獣...

真田紐(さなだひも)

真田紐(さなだひも)とは、三つ編の様に組む組紐と異なり、機(はた)を用いて作られ...

薩摩上布(さつまじょうふ)

薩摩上布(さつまじょうふ)とは、かつて薩摩藩に属していた宮古島や八重山諸島で織ら...

薩摩絣(さつまがすり)

薩摩絣(さつまがすり)とは、もともとは薩摩藩に属していた琉球で織られた紺地に絣柄...

定小紋(さだめこもん)

定め小紋(さだめこもん)とは、江戸時代に各大名がそれぞれの藩ごとに小紋の模様を決...

差し分け中形(さしわけちゅうがた)

差し分け中形(さしわけちゅうがた)とは、中形と呼ばれる浴衣は普通、藍一色で染めら...

指貫(さしぬき)

指子に同じです。...

刺子半纏(さしこはんてん)

刺し子半纏とは、主にとび職や火消しが用いた、布地の一面に刺し子と呼ばれる波縫いを...

刺子(さしこ)

刺し子(さしこ)とは、主にぐし縫いと言われるランニング・ステッチで縦横斜めの直線...

指子、指袴(さしこ)

指袴(さしこ)とも書かれる指子とは、中古に用いられた男性用の袴で、主に綾絹や平絹...

下帯(さげおび)

下帯(さげおび)とは、江戸時代に武家の女性が帷子(かたびら)の上から巻いた夏用の...

座繰り糸(ざくりいと)

座繰り糸(ざくりいと)とは、繭(まゆ)から生糸を引き出すときに、手作業で引き出し...

作州絣(さくしゅうかすり)

作州絣とは、岡山県津山市一帯の作州地方で生産される紺地に白い柄の木綿絣のことです...

先染め(さきぞめ)

先染め(さきぞめ)とは、布の状態に織った後から染める後染めに対して、織る前に繊維...

相良繍(さがらぬい)

相良繍(さがらぬい)とは、布の表面にこぶ状の結び目をつくり、立体的な点を表現する...

紗綾形(さやがた)

紗綾形(さやがた)とは、卍をくずして組み合わせて連続させた模様です。雷文(らいも...

鮫小紋(さめこもん)

鮫小紋とは、鮫の肌のように一面に小さい点を染め抜き出したものです。特に柄の細かい...

佐賀錦(さがにしき)

佐賀錦とは、手工芸織りのひとつ。 江戸時代に長崎県にある佐賀藩の婦人たちの間で、...