Top >  きもの・帯 た行

きもの・帯 た行

着物や帯についてのた行

きもの・帯 た行一覧

lime.jpg

蜻蛉絣(とんぼがすり)

蜻蛉絣(とんぼがすり)とは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)に絣糸(かすりいと...

鳶(とんび)

鳶(とんび)とは、明治の初期に流行した男物の和装コートで、袖が無く膝丈くらいのコ...

緞子(どんす)

緞子(どんす)とは、布面がやわらかくて光沢が美しく、重量感があるのが特徴で中国宋...

泥染(どろぞめ)

泥染(どろぞめ)とは、植物染料で染められた糸や布を鉄分の多い泥沼に浸して染めるこ...

泥藍(どろあい)

泥藍(どろあい)とは、植物染料の一種で、この染料につけ込んで染色するとくすんだ青...

豊田紬(とよだつむぎ)

豊田紬(とよだつむぎ)とは、茨城県西部の石下町付近で生産されている、経糸(たてい...

共裾仕立て(ともずそじたて)

共裾仕立て(ともずそじたて)とは、着物の仕立て方の1つで表地を裏側に折り返して、...

共布(ともぎれ)

共布(ともぎれ)とは、色や柄、地質ともに同じ布のことをいいます。...

共衿(ともえり)

共衿(ともえり)とは、着物の衿まわりのいたみや汚れを防ぐ為に、表地と同じ布で地衿...

留袖(とめそで)

留袖(とめそで)とは、既婚女性の正式礼装で黒地に染抜き日向紋が五つ付き、裾模様の...

鳶八丈(とびはちじょう)

鳶八丈(とびはちじょう)とは、東京の八丈島で生産される八丈紬の一種で、八丈島に自...

飛び柄(とびがら)

飛び柄(とびがら)とは、飛び飛びに間隔を置いて配置されている模様付けのことをいい...

どてら

どてらとは、防寒用に用いられる広袖で綿の入った長着のことです。丹前(たんぜん)の...

独鈷模様(とっこもよう)

独鈷模様(とっこもよう)とは、密教で用いられる仏具の一つである独鈷(とっこ)を模...

通し柄(とおしがら)

通し柄(とおしがら)とは、袋帯や丸帯の柄が全体についているもののことをいいます。...

通し裏(とおしうら)

通し裏(とおしうら)とは、女物の裏に胴接(どうはぎ)があるのに対して、男物の袷(...

十日町織物(とおかまちおりもの)

十日町織物(とおかまちおりもの)とは、新潟県の十日町で生産される織物の総称で、京...

胴抜(どうぬき)

胴抜(どうぬき)とは、胴の部分だけ単衣(ひとえ)したり、薄手の絹物を使ったりする...

唐桟(とうざん)

唐桟(とうざん)とは、唐桟縞(とうざんじま)の略で、紺や赤、茶、黄などの色彩的な...

道具彫(どうぐぼり)

道具彫(どうぐぼり)とは、伊勢型紙の彫刻技法の一つです。2枚合わせで作られた刃先...

東京小紋(とうきょうこもん)

東京小紋(とうきょうこもん)とは、東京で染められている型染(かたぞめ)の小紋(こ...

胴裏(どううら)

胴裏(どううら)とは、袷の着物の裏に用いられる布で、袖、身頃、衿、衽(おくみ)を...

天然繊維(てんねんせんい)

天然繊維(てんねんせんい)とは、人工的に作られた化学繊維に対して、自然界に産する...

天竺木綿(てんじくもめん)

天竺木綿(てんじくもめん)とは、風呂敷や裏地などに広く用いられている、厚手のしっ...

天蚕(てんさん)

天蚕(てんさん)とは、野外で育つ蚕(かいこ)の野蚕(やさん)の一種でクヌギや楢(...

手機(てばた)

手機(てばた)とは、動力を用いて織る力織機(りきしょっき)に対して、手と足の力だ...

手拭中形(てぬぐいちゅうがた)

手拭中形(てぬぐいちゅうがた)とは、手拭いの長さの繰り返しの模様で染められたもの...

デニール

デニールとは、生糸(きいと)や化繊(かせん)の糸の太さを表す単位で、長さ9000...

鉄砲袖(てっぽうそで)

鉄砲袖(てっぽうそで)とは、着物の袖形の一種で、袂(たもと)がなく、袖丈の短い筒...

手挿し(てざし)

手挿し(てざし)とは、差し友禅(ゆうぜん)や友禅(ゆうぜん)差しとも呼ばれ、友禅...

手紬(てつむぎ)

手紬(てつむぎ)とは、繭(まゆ)を煮て、袋状または、四角く広げた真綿をつくしと呼...

手描友禅(てがきゆうぜん)

手描友禅(てがきゆうぜん)とは、友禅染(ゆうぜんぞめ)の本格的な手法で、手描き染...

手描き染(てがきぞめ)

手描き染(てがきぞめ)とは、筆や刷毛に染料をつけて直接布地に模様を描いていく染色...

手織(ており)

手織(ており)とは、手と足の力だけで操作する手織機を用いて布を織ること、又は、そ...

紬(つむぎ)

紬(つむぎ)とは、繭(まゆ)を真綿にして、真綿を引き伸ばして細く糸にした紬糸(つ...

褄(つま)

褄(つま)とは、着物の部分名称で、衽裾(おくみすそ)の部分のことをいいます。また...

壺垂れ(つぼたれ)

壺垂れ(つぼたれ)とは、模様の名称で、陶器の壺などを作るときにかけた釉薬(ゆうや...

壺装束(つぼしょうぞく)

壺装束(つぼしょうぞく)とは、平安時代から鎌倉時代にかけての女性の外出時の着装法...

角出し太鼓(つのだしだいこ)

角出し太鼓(つのだしだいこ)とは、女帯の結び方の一つで、帯枕を使わずに帯締めと帯...

角隠し(つのかくし)

角隠し(つのかくし)とは、花嫁の文金高島田(ぶんきんたかしまだ)に結った髪に留め...

綴織(つづれおり)

綴織(つづれおり)とは、平織の一種で、緯糸(よこいと)に数色の色糸を使って、経糸...

筒袖(つつそで)

筒袖(つつそで)とは、着物の袖型の一つで、主に男児用の一つ身や三つ身、男物の普段...

筒描き(つつがき)

筒描き(つつがき)とは、渋紙もしくは布製で円錐形の筒に防染糊を入れて筒先から糊を...

辻ヶ花(つじがはな)

辻ヶ花(つじがはな)とは、室町末期から桃山時代にかけて現れた、絞り染めと墨書きに...

付け比翼(つけびよく)

付け比翼(つけびよく)とは、留袖などの礼装は本来、白の下着である比翼を重ねて着る...

付け紐(つけひも)

付け紐(つけひも)とは、子供用の着物の両方の衿の胸の部分にあらかじめ付いている紐...

付け下げ(つけさげ)

付け下げ(つけさげ)とは、着物の模様配置の方法のこと、またはその模様をつけた着物...

付け帯(つけおび)

付け帯(つけおび)とは、胴の部分とお太鼓やリボン結びなどの後ろで結ぶ部分が別々に...

対丈(ついたけ)

対丈(ついたけ)とは、着物の出来上がりの身丈がおはしよりや腰揚げをしないでも着る...

対(つい)

対(つい)とは、2つで1組になるもののことで、アンサンブルとも言われている着物と...

縮緬浴衣(ちりめんゆかた)

縮緬浴衣(ちりめんゆかた)とは、くつろぎ着である浴衣を外出用にするために浴衣柄を...

縮緬(ちりめん)

縮緬(ちりめん)とは、経糸(たていと)に生糸、緯糸(よこいと)に強い撚り(より)...

昼夜帯(ちゅうやおび)

昼夜帯(ちゅうやおび)とは、表と裏で異なる布地を合わせて仕立てた女物の帯のことを...

中振袖(ちゅうぶりそで)

中振袖とは、未婚女性の礼装である振袖の中で、袖丈が95~100cmくらいのものの...

中羽織(ちゅばおり)

中羽織(ちゅばおり)とは、現在の最も一般的な女羽織で、本羽織や茶羽織、長羽織に対...

注染中形(ちゅうせんちゅうがた)

注染中形とは、主に岡木綿などの中形の生地2反分を巻いたものを一定の長さで折りたた...

注染(ちゅうせん)

注染(ちゅうせん)とは、中形染や手拭い染に多く用いられる染色方法で、布地に染液を...

中形(ちゅうがた)

中形(ちゅうがた)とは、もともとは小紋、大紋に対して、その中間の大きさの模様のこ...

ちゃんちゃんこ

ちゃんちゃんことは、主に子供や老人用の袖の無い羽織のことです。防寒着や室内着とし...

茶屋辻(ちゃやつじ)

茶屋辻(ちゃやつじ)とは、江戸時代に将軍家や上流武家の女性だけが夏の正装に用いた...

茶屋染(ちゃやぞめ)

茶屋染(ちゃやぞめ)とは、江戸時代に将軍家御用達の染物屋のことを茶屋と呼んでいて...

茶羽織(ちゃばおり)

茶羽織(ちゃばおり)とは、羽織の種類の一つで中羽織よりも丈が短く、衿幅も狭くて襠...

縮(ちぢみ)

縮(ちぢみ)とは、縮織の略で絹や木綿、麻などの布面を縮ませたシボのある織物のこと...

乳下がり(ちさがり)

乳下がり(ちさがり)とは、羽織の肩山から羽織紐を通す為の小さい輪である乳をつける...

力布(ちからぬの)

力布(ちからぬの)とは、単(ひとえ)の着物や羽織、長襦袢などを仕立てるときに、裁...

乳(ち)

乳(ち)とは、羽織の前身頃と衿付けの間の胸の部分についてある、羽織紐を通す為の小...

反物(たんもの)

反物(たんもの)とは、着物地の総称で、仕立てるものの1着分に必要な幅と丈を持つも...

丹前(たんぜん)

丹前(たんぜん)とは、男性の普段着用の広袖でゆったりとした着物のことをいいます。...

丹後縮緬(たんごちりめん)

丹後縮緬(たんごちりめん)とは、京都府丹後地方で生産される縮緬(ちりめん)の絹織...

垂れ(たれ)

垂れ(たれ)とは、女物の帯で胴に巻く部分ではなくて、背中のお太鼓になる側の部分の...

袂(たもと)

袂(たもと)とは、着物の袖口の下方にある、袋のように垂れた部分のことです。性別や...

玉虫織(たまむしおり)

玉虫織(たまむしおり)とは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)に違う色の糸を用い...

玉糸(たまいと)

玉糸(たまいと)とは、1つの繭(まゆ)を2匹以上の蚕(かいこ)がつくった繭を玉繭...

足袋(たび)

足袋(たび)とは、和装用の靴下に相当する親指の分かれた布製の履物のことです。女性...

畳紙(たとうがみ)

畳紙とは、たたんだ着物に合わせて折り目をつけた、着物を一枚ずつたたんでしまう包装...

立涌(たてわく)

立涌(たてわく)とは、波状の線を膨らんだりすぼまったりするように向かい合わせた連...

竪絽(たてろ)

竪絽(たてろ)とは、一般的な絽織の緯絽(よころ)に対する語で、からみ織によって生...

経緯絣(たてよこがすり)

経緯絣とは、経糸(たていと)緯糸(よこいと)ともに絣糸(かすりいと)を用いて、絣...

経絣(たてがすり)

経絣とは、経糸(たていと)だけに絣糸(かすりいと)を用いて織り上げた絣織物のこと...

手綱絞り(たづなしぼり)

手綱絞り(たづなしぼり)とは、斜めの太い縞柄を表す絞り染めのことをいいます。主に...

襷文(たすきもん)

襷文(たすきもん)とは、斜めの線が交差した文様で有職文様(ゆうそくもんよう)にも...

誰が袖(たがそで)

誰が袖(たがそで)とは、豪華な着物を衣桁(いこう)に掛けた模様のことをいいます。...

大紋(だいもん)

大紋とは、直垂(ひたたれ)の一種で、室町時代に一般的となった、大きな紋を染抜いき...

大名縞(だいみょうじま)

大名縞(だいみょうじま)とは、江戸時代に流行した縞柄で縞糸2本に対して地糸6本や...

伊達紋(だてもん)

伊達紋(だてもん)とは、定紋の位置につける花や鳥、文字などを文様化した格式ばらな...

伊達巻(だてまき)

伊達巻(だてまき)とは、着くずれ防止のために帯の下に締める幅のせまい単帯のこと。...

竪褄・立て褄(たてづま)

竪褄(たてづま)とは、立て褄とも書かれ、着物の衿先から褄先までのことをいいます。...

伊達締め(だてじめ)

伊達締め(だてじめ)とは、女性が着物を着る時に、胸元の着くずれ防止のために長襦袢...

伊達衿(だてえり)

伊達衿(だてえり)とは、昔着物を2枚重ねて着ていたのを略して、衿の見える部分だけ...

竪衿(たてえり)

竪衿(たてえり)とは、コートや被布(ひふ)の前身頃に縫い付けている、幅がせまくて...

抱幅(だきはば)

抱幅(だきはば)とは、着物の女物は身八つ口止まりから、男物は袖付け止まりから、衽...

滝縞(たきじま)

滝縞(たきじま)とは、太い縞から順々に細い縞になっていく、繰り返しの経縞(たてじ...

宝尽くし(たからづくし) 

宝尽くしとは、打出の小槌(こづち)、隠れ蓑(かくれみの)、如意宝珠(にょいほうじ...

太子間道(たいしかんとう)

太子間道とは、名物裂(めいぶつぎれ)のひとつ。 間道とは、一般的に「縞(しま)」...