Top >  きもの・帯 は行

きもの・帯 は行

着物や帯についてのは行

きもの・帯 は行一覧

lime.jpg

脹雀(ふくらすずめ)

脹雀(ふくらすずめ)とは、福良雀とも書かれ、女帯の結び方の1つです。若い女性が振...

袱紗(ふくさ)

袱紗(ふくさ)とは、茶の湯の点前(たてまえ)のときに茶器を拭いたり茶碗を受けたり...

吹寄せ(ふきよせ)

吹寄せ(ふきよせ)とは、吹寄せ模様のことで、いろいろなものを寄せ集めた模様のこと...

ふき

ふきとは、袷(あわせ)の着物や綿入れなどの袖口と裾の縁で裏布が表布より出ている仕...

風通織(ふうつうおり)

風通織(ふうつうおり)とは、経緯(たてよこ)二重織りで表と裏の組織を柄に合わせて...

風通御召(ふうつうおめし)

風通御召(ふうつうおめし)とは、表と裏の組織を柄に合わせて入れ替えて、生地の柄が...

備後絣(びんごがすり)

備後絣(びんごがすり)とは、広島県福山市芦品郡一帯で生産される紺地の木綿絣のこと...

紅型(びんがた)

紅型(びんがた)とは、沖縄県で生産される多彩で華麗な南国色豊かな染物のことをいい...

広幅織物(ひろはばおりもの)

広幅織物(ひろはばおりもの)とは、布幅が45cm以上の織物のことをいいます。大幅...

天鵞絨(ビロード)

天鵞絨(ビロード)とは、ポルトガル語が語源で、布の表面が毛羽・輪奈(わな)でおお...

広袖(ひろそで)

広袖(ひろそで)とは、着物の袖の形の1つで、袖口の下を縫い合わせずに、袖丈いっぱ...

広瀬絣(ひろせがすり)

広瀬絣(ひろせがすり)とは、島根県広瀬町で生産されている紺木綿の絣織物のことをい...

広衿(ひろえり)

広衿(ひろえり)とは、女物の着物の衿の一種で、棒衿の2倍の幅である3寸で仕立てた...

平絽(ひらろ)

平絽(ひらろ)とは、夏季用の着尺地の絽織物(ろおりもの)の隙間の出来るからみ織り...

平組紐(ひらくみひも)

平組紐(ひらくみひも)とは、リボン状に平たく組んだ組紐(くみひも)のことをいいま...

開名古屋仕立て(ひらきなごやじたて)

開名古屋仕立て(ひらきなごやじたて)とは、踊り帯などに用いられる、名古屋帯の仕立...

平織(ひらおり)

平織(ひらおり)とは、織物の最も基本的な組織で、経糸(たていと)と緯糸(よこいと...

比翼紋(ひよくもん)

比翼紋(ひよくもん)とは、江戸の中期に庶民の間で流行した紋で、相思の男女がお互い...

比翼仕立て(ひよくじたて)

比翼仕立て(ひよくじたて)とは、着物を二枚襲(がさね)で着ているように見せる仕立...

比翼(ひよく)

比翼(ひよく)とは、二羽の鳥が互いに翼を並べることという意味があり、着物の二枚襲...

屏風畳(びょうぶだたみ)

屏風畳(びょうぶだたみ)とは、同じ幅で折り返しながら重ねていくたたみ方のことをい...

漂白(ひょうはく)

漂白(ひょうはく)とは、繊維の持っている色を抜いて白くすることをいいます。天然繊...

紐飾り(ひもかざり)

紐飾り(ひもかざり)とは、被布(ひふ)や道中着(どうちゅうぎ)に組紐を飾り結びに...

被布(ひふ)

被布(ひふ)とは、衿肩に丸く仕立てた小衿が付き、房のある飾り紐を留め具に用いた和...

緋の袴(ひのはかま)

緋の袴(ひのはかま)とは、平安時代に女官が用いた深紅色の長袴のことで、紅袴(くれ...

日向紋(ひなたもん)

日向紋(ひなたもん)とは、略式の紋である陰紋(かげもん)に対して、紋を白く染抜い...

雛形本(ひながたぼん)

雛形本(ひながたぼん)とは、江戸時代に刊行されていた着物の見本帳のことで、現在の...

一目絞り(ひとめしぼり)

一目絞り(ひとめしぼり)とは、布の一部を一粒ずつ糸でくくって、模様をあらわす巻き...

一つ紋(ひとつもん)

一つ紋(ひとつもん)とは、正式な五つ紋に対して、三つ紋とともに略式とされる紋のつ...

一つ身(ひとつみ)

一つ身(ひとつみ)とは、新生児から2歳くらいまでの子供の着物のことで、本裁ち、中...

一越縮緬(ひとこしちりめん)

一越縮緬(ひとこしちりめん)とは、緯糸(よこいと)の強撚糸を左撚り(より)右撚り...

一越(ひとこし)

一越(ひとこし)とは、緯糸(よこいと)を強撚糸の左撚り(より)と右撚り(より)の...

単羽尺(ひとえはじゃく)

単羽尺(ひとえはじゃく)とは、単(ひとえ)の羽織やコート一着分を仕立てられる用尺...

単袴(ひとえばかま)

単袴(ひとえばかま)とは、裏をつけないで単仕立てにした袴のことうをいいます。、ま...

単羽織(ひとえばおり)

単羽織(ひとえばおり)とは、袷羽織(あわせばおり)に対して、裏をつけないで仕立て...

単仕立て(ひとえじたて)

単仕立て(ひとえじたて)とは、袷仕立て(あわせじたて)に対して、裏をつけない仕立...

単帯(ひとえおび)

単帯(ひとえおび)とは、帯幅いっぱいに織り上げて裏や芯をつけない、単(ひとえ)の...

単・単衣(ひとえ)

単(ひとえ)とは、袷(あわせ)のように裏のつくものに対して、裏のない一重の衣類の...

疋田絞り(ひったしぼり)

疋田絞り(ひったしぼり)とは、匹田絞りとも書かれ、疋田鹿子(ひったかのこ)に同じ...

疋田鹿子(ひったかのこ)

匹田鹿子(ひったかのこ)とも書かれる疋田鹿子とは、薄手の生地を小さく四角くつまん...

浸し染(ひたしぞめ)

浸し染(ひたしぞめ)とは、染料の溶液の中に布や糸、紙、革などを浸してそのもの全体...

引き彫り(ひきぼり)

引き彫り(ひきぼり)とは、伊勢型紙の彫刻技法のひとつで、縞模様を作る時、型紙に小...

引き染(ひきぞめ)

引き染(ひきぞめ)とは、染料を含ませた刷毛(はけ)で染める染色法のことをいいます...

疋(ひき)

疋(ひき)とは、布の単位で並幅の反物2反分の長さのことを1疋と言い、大島紬やウー...

半幅帯(はんはばおび)

半幅帯(はんはばおび)とは、並幅の半分の幅である約15cmの幅の帯のことをいいま...

半纏(はんてん)

半纏(はんてん)とは、着物の上に防寒、又は職業を表すために用いられた着丈の短い上...

半襦袢(はんじゅばん)

半襦袢(はんじゅばん)とは、身丈が腰の下までで、脇に馬乗りをあけ、衿を通しで下ま...

半コート(はんこーと)

半コート(はんこーと)とは、春と秋に塵(ちり)よけと防寒をかねて着用する、和装の...

半衿(はんえり)

半衿(はんえり)とは、長襦袢や半襦袢の地衿に汚れ防止や装飾のためにかける掛け衿の...

パレス縮緬(ぱれすちりめん)

パレス縮緬(ぱれすちりめん)とは、経糸(たていと)には生糸(きいと)、緯糸(よこ...

晴着(はれぎ)

晴着(はれぎ)とは、普段着に対してお正月や成人式、結婚式など、改まった晴れの場に...

張り付け紋(はりつけもん)

張り付け紋(はりつけもん)とは、着物と同じ素材の別の布に染め抜いた家紋を切り取っ...

腹帯(はらおび)

腹帯(はらおび)とは、お腹の冷え予防とお腹を支える為に晒(さらし)木綿を半分の幅...

腹合わせ帯(はらあわせおび)

腹合わせ帯とは、表と裏で異なる布地を合わせて仕立てた女物の帯のことをいいます。も...

浜縮緬(はまちりめん)

浜縮緬(はまちりめん)とは、長浜縮緬の略で滋賀県の長浜地方で生産される縮緬(ちり...

羽二重(はぶたえ)

羽二重(はぶたえ)とは、経糸(たていと)緯糸(よこいと)ともに撚(よ)っていない...

花結び(はなむすび)

花結び(はなむすび)とは、丸打ちの組紐(くみひも)を花や動物の形に結んだ飾り結び...

花見幕(はなみまく)

花見幕(はなみまく)とは、本来は花見の時に張る幕のことを言っていましたが、元禄時...

縹色(はなだいろ)

花田色とも書かれる縹色(はなだいろ)とは、藍染めの色の一つで、略して花色とも呼ば...

花色(はないろ)

花色(はないろ)とは、縹色(はなだいろ)の略で、藍染めの赤みがかった深い青色のこ...

把釣孔(はつりめ)

把釣孔(はつりめ)とは、把釣織(はつりおり)によって生じる、文様を織り込む配色の...

八寸名古屋帯(はっすんなごやおび)

八寸名古屋帯とは、約30cmである八寸の幅で織られた帯を、お太鼓(おたいこ)にな...

法被(はっぴ)

半被とも書かれる法被(はっぴ)とは、江戸時代に下級の武士や駕籠(かご)かきから職...

八掛(はっかけ)

八掛とは、女物の袷(あわせ)着物の袖口や裾の裏に胴裏と合わせてつける布地のことで...

八丈(はちじょう)

八丈とは、東京の八丈島で生産される黄八丈を代表に、これに類似した秋田の秋田八丈な...

撥衿(ばちえり)

撥衿とは、衿の肩まわりよりも衿先に行くにつれて衿幅が広がっていく衿のことをいいま...

肌襦袢(はだじゅばん)

肌襦袢とは、汚れ防止や、保温の為に長襦袢の下に着る、和装用下着のことをいいます。...

芭蕉布(ばしょうふ)

芭蕉布とは、沖縄県で生産される糸芭蕉の繊維で織った、布のことをいい、高価で希少価...

羽尺(はじゃく)

羽尺とは、羽織や和装用のコート用に織られた反物のことをいいます。長さは、着物用の...

筥迫(はこせこ)

筥迫(はこせこ)とは、女性の胸元の合わせのところに差し込む箱状の和装小物のことを...

刷毛目模様(はけめもよう)

刷毛目模様とは、染料を含ませた刷毛で線を描くときに出る、縞のようなかすれのある素...

白山紬(はくさんつむぎ)

白山紬(はくさんつむぎ)とは、石川県の白峰村で織られている紬織物のことをいいます...

箔押し(はくおし)

箔押し(はくおし)は、箔置きと同じ意味です。...

箔置き(はくおき)

箔置きとは、金や銀、プラチナなどの金属箔や箔を細かく砂子状にした金砂子(きんすな...

袴地(はかまじ)

袴地とは、袴用に織った布地のことをいいます。仙台平の縞模様が最も格が高く、礼装用...

袴(はかま)

袴とは、腰から足までを覆うようにして着用するゆったりとした衣のことをいいます。着...

博多織(はかたおり)

博多織とは、福岡県の博多で生産される絹織物のことをいいます。江戸時代に幕府への献...

博多帯(はかたおび)

博多帯とは、福岡県の博多で生産される博多織の帯のことをいいます。仏具の独鈷(とっ...

羽織紐(はおりひも)

羽織紐とは、羽織の衿の胸のあたりにある乳(ち)という小さい輪になった部分に付ける...

羽織(はおり)

羽織とは、着物の上に羽織る着丈の短い上着のことをいいます。羽織の丈(長さ)は、そ...

羽裏(はうら)

羽裏とは、袷羽織の裏に用いる滑りの良い布地のことをいいます。 裏側といっても着脱...

貝絞り(ばいしぼり)

貝絞り(ばいしぼり)とは、麻糸で巻き上げて絞った、絞り染めのひとつです。絞り染め...