Top >  きもの・帯 ま行

きもの・帯 ま行

着物や帯についてのま行

きもの・帯 ま行一覧

lime.jpg

紋絽(もんろ)

紋絽(もんろ)とは、平絽の地に綾織や繻子織(しゅすおり)の組織で模様を織り出した...

紋綸子(もんりんず)

紋綸子(もんりんず)とは、経繻子(たてじゅす)地に緯繻子(よこじゅす)で模様を表...

文様(もんよう)

文様とは、模様や紋様、図柄、図案、意匠、文、柄などとほぼ同じ意味で、装飾として表...

紋服(もんぷく)

紋服(もんぷく)とは、最も正式で格の高い五つ紋を染抜いた衣服のことを言います。 ...

紋緞子(もんどんす)

紋緞子(もんどんす)とは、紋綸子の上等品のことで、繻子織(しゅすおり)の白生地の...

紋所(もんどころ)

紋所(もんどころ)とは、江戸時代に武家の礼装であった裃(かみしも)に三所(みとこ...

紋付羽織(もんつきばおり)

紋付羽織(もんつきばおり)とは、家紋をつけた羽織のことで、男性は黒地に白く染抜い...

紋付(もんつき)

紋付(もんつき)とは、礼装用として紋をつけた着物や羽織などの衣服の総称のことです...

紋縮緬(もんちりめん)

紋縮緬(もんちりめん)とは、紋織の1種で平織の布地に斜文(しゃもん)組織、又は繻...

紋帳(もんちょう)

紋帳(もんちょう)とは、紋を集めて載せてある冊子で紋を付ける時に参考にする見本帳...

紋紗(もんしゃ)

紋紗(もんしゃ)とは、紗地に文様を織り出した先染めの織物のことで、主に西陣、桐生...

紋織(もんおり)

紋織(もんおり)とは、ドビー織機やジャカード織機など模様を織り出す装置をつけた織...

紋意匠縮緬(もんいしょうちりめん)

紋意匠縮緬(もんいしょうちりめん)とは、経糸(たえいと)に駒撚糸(こまよりいと)...

紋(もん)

紋(もん)とは、家紋や定紋、紋所、紋章とも呼ばれこれらの略称のことをいいます。 ...

模様付け(もようづけ)

模様付け(もようづけ)とは、模様取りとも呼ばれ、着物の柄の配置のことをいいます。...

揉み箔(もみはく)

揉み箔(もみはく)とは、布地に金箔をはりつけ、乾いた後指先で揉んでひび割れの効果...

紅絹(もみ)

紅絹とは、もともとは紅花で赤又は緋色に染めた練織物(ねりおりもの)の平絹(ひらぎ...

喪服(もふく)

喪服(もふく)とは、もともとは喪中に死者に対して哀悼の心を表すために着る服のこと...

モスリン

モスリンとは、細めで太さのムラの少ない糸で経緯(たてよこ)の密度をほぼ等しく平織...

捩り織(もじりおり)

捩り織(もじりおり)とは、経糸(たていと)が左右によじれる中に緯糸(よこいと)を...

捩り(もじり)

捩り(もじり)とは、主に男性が着物の上から着用する、筒袖や角袖にした外套(がいと...

杢目摺り(もくめずり)

木目摺りとも書かれる杢目摺り(もくめずり)とは、木目がはっきりときり立った板に防...

杢目絞り(もくめしぼり)

木目絞りとも書かれる杢目絞り(もくめしぼり)とは、布地に不規則なしわを縫い出して...

杢目織(もくめおり)

木目織とも書かれる杢目織(もくめおり)とは、木綿や絹、毛などの布面に木材の木目の...

木版染(もくはんぞめ)

木版染(もくはんぞめ)とは、インドから伝来した染色法で、木版に文様を彫刻し染料を...

真岡木綿(もうかもめん)

真岡木綿(もうかもめん)とは、栃木県真岡市を中心に生産される、経糸(たていと)緯...

綿縮(めんちぢみ)

綿縮(めんちぢみ)とは、経糸(たていと)に普通撚り(より)の綿糸、緯糸(よこいと...

綿紅梅(めんこうばい)

綿紅梅(めんこうばい)とは、薄地に太目の糸を間隔をおいて織り込み、縞や格子のよう...

メリンス

メリンスとは、梳毛(そもう)織物の1種で薄地の平織り、又は斜文織(しゃもんおり)...

目引き(めびき)

目引き(めびき)とは、色抜きをしないでそのままその上から現物の色と同系色、又は異...

目付け(めづけ)

目付け(めづけ)とは、絹織物の精練(せいれん)後の重さの単位で、鯨尺で幅1寸、長...

名物裂(めいぶつぎれ)

名物裂(めいぶつぎれ)とは、主に中国から伝来した緞子(どんす)や金襴(きんらん)...

銘仙(めいせん)

銘仙(めいせん)とは、関東の伊勢崎、足利、秩父、八王子などで生産され、もともとは...

無地染(むじぞめ)

無地染(むじぞめ)とは、染色法の1つで、色無地など全体を単色で染めること、又は染...

村山大島(むらやまおおしま)

村山大島(むらやまおおしま)とは、東京都武蔵村山市を中心に生産される紬織物のこと...

斑濃(むらご)

村濃とも書かれる斑濃(むらご)とは、ぼかし染めの一種で、普通は全体を均等にぼかし...

村雲絞り(むらくもしぼり)

村雲絞り(むらくもしぼり)とは、筒状に縫った布を棒に通して、しわやひだをつけて上...

無双仕立(むそうじたて)

無双仕立(むそうじたて)とは、表裏とも全て共布で仕立てた袷(あわせ)の仕立て方の...

無線友禅(むせんゆうぜん)

無線友禅(むせんゆうぜん)とは、糸目糊で防染をする本友禅に対して、糸目糊を使わず...

無地(むじ)

無地(むじ)とは、何も染めていない白生地のこと、又は単色で染めたものをいい、着物...

無垢(むく)

無垢(むく)とは、表地裏地共に同色の同じ生地で仕立てた着物のことをいい、引き返し...

宮参り着(みやまいりぎ)

宮参り着(みやまいりぎ)とは、赤ちゃんのお宮参り用の晴れ着のことで、一つ身で大名...

身八つ口(みやつくち)

身八つ口(みやつくち)とは、女物や子供物の着物の身頃の脇にある袖付け止まりから脇...

宮古上布(みやこじょうふ)

宮古上布(みやこじょうふ)とは、沖縄の宮古島で経糸(たていと)緯糸(よこいと)共...

都衿(みやこえり)

都衿(みやこえり)とは、着物用のコートの衿の型の一種で、道行衿(みちゆきえり)の...

三布(みの)

三布(みの)とは、三幅のことで並幅3枚分の布幅(三尺幅)のことをいいます。三布は...

三つ身(みつみ)

三つ身とは、満3歳くらいの子供用の着物のことで、本裁ち中裁ちに対して、一つ身とと...

道行(みちゆき)

道行(みちゆき)とは、防寒や塵(ちり)よけなどの為、外出の際、主に着物の上から着...

身丈(みたけ)

身丈とは、着物(みたけ)の身頃の丈のことで背中心の衿付の際(きわ)から裾までの背...

三筋(みすじ)

三筋とは、細い縞3本を1組にして織った縦縞(たてじま)模様のことです。三筋立てと...

微塵縞(みじんしま)

微塵縞とは、経糸(たていと)緯糸(よこいと)共に2色の糸を一本づつ交互に組み合わ...

三河木綿(みかわもめん)

三河木綿とは、日本に初めて綿が伝来されたと言われている、現在の愛知県東部の三河で...

三浦絞り(みうらしぼり)

三浦絞り(みうらしぼり)とは、鳴海(なるみ)絞りの代表的な技法のひとつで、1粒の...

万筋(まんすじ)

万筋とは、江戸小紋柄の一つで万は数の多いことを筋は縞を意味する、ごく細かい縦縞の...

丸文(まるもん)

丸文とは、円文とも書かれ、丸い輪郭の中に花などを描いた文様、又は花や鳥などを円形...

丸紐(まるひも)

丸紐とは、組み紐の一種で断面が円形になるように組んだ紐のことをいい、丸組ともよば...

襠無袴(まちなしばかま)

襠無袴とは、襠(まち)のある馬乗り袴に対して、スカート式の襠(まち)の無い袴のこ...

街着(まちぎ)

街着とは、正式な場所には着用できませんが、旅行や買い物、観劇、食事などのお出かけ...

襠(まち)

襠(まち)とは、羽織や袴、袋物などの布幅につけたす布地のことをいいます。内容物に...

巻見本(まきみほん)

巻見本とは、多種類の小紋柄などの型染めを染めた反物状の柄見本のことです。巻いて取...

撒糊(まきのり)

撒糊とは、防染糊のひとつで細かく砕いて粒状になった糊のこと、又はこれを生地に撒き...

巻絞り(まきしぼり)

巻絞りとは、模様を付ける部分の布をつまんだりひだをとりながら引き締めて縮め、袋状...

前身頃(まえみごろ)

前身頃とは、後身頃に対して、着物の前部で袖と衽(おくみ)の間の肩山から裾までの部...

前垂れ(まえだれ)

前垂れとは、衣服の汚れやいたみを防ぐ為に腰から下の前面に掛ける、縦長の四角い布の...

前下り(まえさがり)

前下りとは、羽織や半コートを仕立てる際に前身頃の丈を脇から衿付(えりつけ)に向か...

前帯(まえおび)

前帯(まえおび)とは、帯は背中で普通結びますが、それを前で結ぶ帯結びのこと。明治...